食べ物レポート

札幌駅地下花まるで、遅めのランチ? 早めの一人飲み?

根室の鮨屋なので、なぜか年中ホヤが食べられる。ホヤは散々と仙台でうまいホヤを食べてきたが、根室のホヤは明らかに仙台のものより臭みが少ない。これはホヤが育つ海域の温度差から来るものだと思うが、ぎゅっと噛んだときの濃厚な味は仙台のものと甲乙付け難い。ただ、匂いだけは根室産の方が薄いと言うことだ。(まあ、ホヤなので薄いと言っても限度がある、ホヤ好きだけがわかる程度差かな)ひょっとするとホヤの種類が違うのかもしれないが未確認。(蝦夷ホヤとかおほーつくほおやとかいうのかなあ) 

根室のホヤ So Good!

ホヤを肴に日本酒の冷やを飲んでいるとランチが登場する。アツアツの味噌汁(かじか汁が望みだが運任せ)で胃袋を温め、茶碗蒸しをあてに酒を飲み、鮨を摘みながらの酒お代わり、そしてガリでフィニッシュと言う流れ。なんだか最近このパターンが多いが、札幌のオフの鉄板コースとも・・・。

大きい魚の味噌汁が、いちばんのお得かな。スシは普通にうまい。

個人的な見解で言えば、札幌の回転寿司はシャリ玉が大きめで、腹一杯寿司を食べたいと言うときにはとてつもなく満足度が高い。ただし、酒を飲みながらつまみたいと言う時は逆に厳しいかもしれない。この店は回転寿司系鮨屋なので、シャリ玉がちょっと大きいから、気になる人はシャリ玉小さめと注文すれば良い。けっこう女性客ではシャリ玉ちいさめの注文が多いようだ。

昼酒の背徳感に浸りながらランチセットで満足できる。札幌にいれば、こんな楽しみもあるのだよねと思いつつ、実は昼酒は隣にあるサッポロビールのビヤホールの方がレベル高いかも。

これはまた別の機会にでも。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中