食べ物レポート

札幌の精力料理店 18禁なカオス

札幌では時々びっくりするような店があるのだが、ここもその一軒だ。肉料理の雄といえば良いのだろう。魚でいくなら個人的なおすすめは「テッチャン」だが、それはまた別の機会に。

さて暖簾にかかる店名の「大衆おっさんパラダイス」。これだけで、グッとくるのはそこそこ年齢がいった「おっさん」だからだろう。何やら入ってみたい気分にさせられるし、大衆というあたりで値段の安心感もある。そして看板を見上げててみれば「モツの朝立ち」だ。最近はやりのポリコレ的に言えば、極めて限界に近い怪しい表現だが、これは怪しい方に想像する方がおかしいと振り切るつもりだなと・・・。

おっさんパラダイスってすごいよね

店内に入りメニューを見ると、看板に全く偽りはない。モツ、内臓肉を中心とした、いわば肉料理屋であり、ホルモン焼きやもつ焼きと言った定番が並ぶ。その中で、どうやら一押しらしいのが「ガツサシ」なのだが、これには感嘆符しか出てこなかった。見た目の美しさ、これだけ白いガツをみたことがない。一口食べてみると、仕事の丁寧さがよくわかる。臭みもないが、それ以上に肉の柔らかさ(包丁の入れ方が素晴らしい)が口の中で堪能できる。これがガツという、コリコリ系の肉なのかという疑問しか出てこない。今まで食べたガツはなんだったのだろう。

マストアイテム ガツサシ

メニューにはモツ系料理が並ぶのだが、あえてつくねを頼んでみた。札幌で「つくね」といえば、この棒状の肉をいうのだが(多分)、昔は団子が串に刺さった物がつくねというのが主流派で、棒状つくね(ボッコつくねといった)は少数派だった。東京に行ったら団子のつくねが少数派だったのは不思議だ。まあ、このつくねが焼き鳥専門店のつくねよりうまいと思うのだ。もつ焼き屋でつくねに感動というのもどうしたものだろう。

ぼっこつくねとして高水準

普段はメニューの写真など撮らないのだが、この時は「次に来たとき何頼もう」と思い、ついつい記録してしまったのだが、なんと威力的で暴力的な魅力にあふれたメニューの数々。五香粉豚足など想像するだけで興奮する。レバのパテもおそらく並のフレンチ屋を超える水準だろう。

久しぶりの「あれも食べたい、これも食べたい状態」

と、メニューに興奮している横で、壁に鎮座?まします天狗様。店内にはあと4−5体、有難い天狗様がいろいろとありがたいお言葉をのたまっていらっしゃるのだが、どれもこれも、ポリコレ的発言で・・。正直言って女性同伴で来ると危険が危ない的な店なのだ。しかし、店内にはなぜか高齢的なカップルがちらほら。

箴言というしかない

この店でモツ料理を堪能した後はどのような活動を行われるのか邪推はしてみたが、個人的には「がんばれー」というしかないしね。人類の半分を構成する「オス族」には、嬉しいやら悲しいやら(心理的に)な様々な感情が湧き上がる素敵な店で、毎日満員になる繁盛ぶりらしい。
個人的にはカップルで来るのには向いてない店だと思う。
男一人でうまいものを食べにこよう。女性受け、インスタ映えしそうな野菜メニューはないがそれで良いのだ。

間違いなくガツさしは、世界が変わるほどのうまさだ。(個人的な見解です)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中