食べ物レポート

川越のラーメンを所沢で食す 頑者

所沢駅が大改造を行っていて、その第一陣で完成したのが駅ビル「エミオ」だ。駅から直結していて1階は食料品(スーパー・惣菜・菓子など)、2階はファッション・アパレル系、3階はレストランと雑貨などといった微妙なテナント構成だ。第二期に開くビルでそれ以外の業種・テナントが入り完成ということになるのだろうけれど、この駅再開発で西武百貨店は消滅して、西武ショッピングセンターになってしまった。(そのおかげでビックカメラが入居したので実はありがたいのだが)

そのエミオのレストランがこれまた面白い構成で、うどんを中心とした和食の店、豚カツ、北海道発のイタリアン、そして川越の有名ラーメン店というラインアップ。なんだか不思議というか奇妙な組み合わせだ。1階にカフェが2店あるので、それなりの使い分けがされているということもあるが。
その川越の本店は、長い行列ができる有名店で、おまけに早仕舞いするのでなんとも困難度の高い店なのだが、さすが駅ビル内では早仕舞いもしない。ありがたく名店の味を楽しめる。

頑者のつけ麺

基本的につけ麺の店だろう。普通の中華そばもある。濃厚系のスープで、食べると舌にジャリッとくるのはスープに入っている魚粉だろう。麺がつるつるの稲庭うどん的食感なのが珍しい。ちょっとクセがあるが普通に旨いという感じがする。メニューはつけ麺と中華そばの二種、それにスープの味付けが濃厚系とあっさり系というシンプルさなので気に入った組み合わせのものを選べば良い。

看板にはundergrooud ramenとなっているが、うーん、どこが地下のラーメンなのかわからないくらい明るいラーメン屋さんだった。しかし、川越のものを所沢で食べられるというのをどう評価するべきか悩むところだ。便利なことは間違いないし、ありがたいとは思うのだが。ただ、隣のイタリアンレストランは北海道発のコンセプトなので、それと比べればたいしたことないか。

所沢に来て川越名物食べるのも良いかも。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中