旅をする

秩父で駅弁?

私鉄で駅弁を買えるところは少ないという気がする。そもそも私鉄に「旅をする」というほどの長距離路線があることが珍しい。
関東で言えば特急電車があるのは(通勤用を除く)東武の日光行きとか小田急の小田原行き、あとは西武の秩父行きといったところだろう。

西武鉄道池袋駅ではコンビニ弁当は売っているが、池袋駅専用駅弁というのは見た記憶がない。西武秩父駅でも駅弁として売っているかと言われるとちょっと微妙なのだが、秩父名物わらじカツ丼の弁当がこれだ。

駅の改札前の売店で売っている。夜の特急電車に乗り、このわらじカツ弁当を肴に、ぬるめのビールを飲むのはプチ贅沢というか、プチ旅の叙情というべきか。ご飯の量も少なめで、なんとも適度なおつまみという感じがする。秩父に行った時のささやかな楽しみだ。

西武鉄道の新型特急、「ラビュー」はなかなか乗り心地が良い。窓が広くて明るいのがおすすめポイントでWIFIも使えるし、シートの座り心地も良い。池袋から所沢までの通勤特急でも運が良ければ乗ることができる。

池袋ー秩父間はおよそ1時間半なので日帰り旅行にはお奨めたが、小田急線のロマンスカーほど有名ではない。途中の飯能で進行方向が逆転するという時はシートを転回させなければならないという面倒もあるが、鉄道ファンであれば一度乗ってみると良いと思う。

帰りの駅弁もお忘れなく。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中