食べ物レポート

一番館 ジャンクなうまさか?

東京の都心部で見かけることの多い、中華食堂一番舘。たまに入ってみて「ああ、確かにこういう質の店だった」と若干後悔することになる。ところが、しばらくするとその記憶が飛ぶのか、また入ってしまい、またちょっと後悔する困った店だ。
価格は果てしなく安い。おそらく牛丼チェーンより安い。サイゼリヤの下を潜る価格帯だし、マクドナルドで食べるよりも安い。だから、店内には若い客が多いし、皆元気にもりもり飯や麺をかき込んでいるという印象がある。最近安い店にはいつの間にかジジイ連中が集まってくることが多いのだが、それもこの店ではあまりない。
サイゼリヤが昼と夜で客層がわりするのは、昼の主婦高校生から夜のジジイのちょい飲みに、まさしく業態転換してしまうからなのだが、この店は昼も夜もガツンと飯食おうぜというファイティングスピリット旺盛な客に占拠されているという印象だ。

さて、安いメニューの典型は、揚げ餃子。甘酢の餡掛けになっているのだが、コスパが良いとは言い難い。単品ではお値段相当の価値というところか。餃子は中の餡の質でごまかしやすい商品だから、ここは素直にごまかされておこうという理解をしておく。ただし、これがラーメン¥290に追加で頼むサイドとして考えれば、立派に役目を果たしてくれる技能賞的商品だ。

酒のつまみにネギチャーシューというのも、中華料理屋では定番だが、町中華ですらネギチャーシューは餃子よりも高かったりする不思議なメニューだ。ところがこの店では、なぜかふっきたような安さで、餃子とネギチャーシューを頼んでも懐がいたまない。ただし、コスパが良いかと言われるとまた疑問符がつきそうだ。ひょっとして、これは白米を注文して、上にかけてネギチャーシュ丼にでもするべきだろうか、などと考えてしまうある種バランスの悪い味なのだ。ところが、これも揚げ餃子と同様に、ラーメンのお供とすればなかなか良い役を果たしてくれる敢闘賞的サイドメニューなのだ。

一番シンプルな黒ラーメンを頼み、サイド二品を頼んでも1000円でお釣りが来る。広東麺や天津麺などのお高いラーメンを頼むより、サイドとセットで注文するのがお得な中華料理屋と考えれば良いのだろう。ちなみに新宿の店は、昼前から餃子でビールを飲んている若者グループがいたが、これが場所柄で深夜勤務明けの飲み会だったようだ。なんだか、その横でラーメンを食べているこちらが申し訳ないような気がしてくる。

一番安いシンプル黒 ラーメン

元気な街に元気な中華料理店、ここに入るには少し歳を取りすぎたということかと、またちょっと後悔しながら店を出ることになった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中