書評・映像評

明治維新という過ち

表紙 by amazon

この本の主題は、二つあるのだと思う。
一つ目が、「明治維新」という言葉は、昭和初期の軍事クーデター(226,515事件)を図った連中の造語であり、昭和維新を語るために「明治維新」という言葉で美化したというものだ。そして、テロリストが昔のテロを美化するとはとんでもない思想だと断罪する。
二つ目が、「司馬史観」が、明治新政府を賛美するのは間違いだと、これもバッサリ切り捨てる。確かに司馬遼太郎作品は戦国期ものと、明治の前後のものに大別されるが、徳川政権をバッサリ切り捨て、明治政府を無条件に賛美する風がある。そして、自分が巻き込まれた昭和の戦争期前後については、沈黙したままだ。

「明治維新」をどう捉えるかについては、勝った官軍が自分たちを美化したという指摘は正しい。そして戊辰戦争後の明治政府が薩長同盟から長州単独政権になっていく過程で、徳川体勢=悪、薩摩=初めは仲間だが、悪になった、長州勢力=正義の味方、と書き残されたのだろう。そして生き残った長州勢力が陸軍を仕切り、大陸進出から世界相手の戦争へと突き進む構図だというのだ。これもああお胸正しいだろう。
だから、戊辰戦争とは西国下級武士の藩政クーデーターによるテロ組織創出、そして西国での広域連携した上で、現政権たる東国への反乱であると規定する。西日本出身者には、自分達が正義と思っていた歴史を否定されるので、甚だ面白くないかもしれないが、東国出身者、特に東北諸県では強いされるしそうだと思う。昨年も鹿児島で見たのは明治維新150年記念展示で、仙台で見たのは戊辰戦争150年展示だった。いまだに同じ歴史事象の捉え方が日本の西と東では大きく異なっている。

「司馬史観」についての論評も厳しい。ただ、司馬作品が中国戦争から太平洋戦争まで(著者は大東亜戦争と呼ぶ)の前後について、全く書いていないのは度々他の評論でも見る。小説以外でも、司馬氏は明快な論評を避けているテーマであったようだ。徳川体制を嫌い、戊辰戦争前後の(著者いうところの)テロリストを、次の時代を切り開いた若者と描くことに反発があるのだろう。「竜馬が行く」では、「龍馬」と書かなかったことで逃げを打っていると指摘する。吉田松陰、高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋など教科書に異人扱いされている長州出身者を、バッサリとならずもの、小物扱いで、昭和に続く悪しき時代を作った元凶と言い切っている。司馬作品を好んで読んでいたが、確かに著者の指摘する英雄偶像化があるようだ時がついた。確かに竜馬が行くの主人公は爽やかすぎるのだ。歴史小説はあくまでも小説であり、ファンタジーなのだろう。実際に、竜馬が、西郷隆盛が、大久保利通があれほど爽やかでいいやつだったはずもないのだ。京都であれだけのテロがくりかえされる中で生き延びたということは、それだけで「良い人」だけではなかったという証明だろう。「いい人」や「軽率でおバカな人」はテロの嵐の中では生き残れない。

論の後半は、戊辰戦争で東北諸藩、奥羽越列藩同盟とならず者官軍(自称)との話になるが、ここはかなり情緒的な話になる。ただ、明治維新ではなく戊辰戦争と言い切る東北人の恨みは、それこそ千年かかる課題であり、加害者視点では理解できない重さなのだということも納得がいく論点だ。ましてや、東日本大地震での福島原発事件がある以上、明治政府対東北諸藩という構造が、平成の世で蘇った感もある。山口県出身の首相が、福島県に行って融和を求めても、なかなか同意は得られないことだろうとも思う。

少なくとも歴史教科書に対する様々な議論がある中で、この本の訴えかける「長州=官軍が作った歴史観に反対する」ということについては、歴史記述の公平、標準化を言う時に、ぜひ考慮しなければいけない論点だろう。

テロリストが作った明治政府を、いいように利用した昭和軍閥が描いた明治維新という歴史。そして敗戦により戦勝国寄りに書き換えられた近代史。少なくとも150年前と70年前の戦争による大混乱で、歴史が歪められたのは(勝った方が自分は正義で、負けた奴は悪い奴だったから退治されたという論理を通した)否定できない。
思想的には偏っているかもしれないが、近代史を再考するには良書だと思う。

https://www.amazon.co.jp/dp/4062936836/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_4hqcEbDNWX9D2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中