食べ物レポート

蕎麦屋で憩う 大晦日に蕎麦屋を振り返ると

今年も大晦日を迎える。歳を取るたびに一年すぎるのが早くなるというが、まさしく実感。
大晦日に蕎麦を食べる習慣は江戸時代に出来上がったものらしいが、今ではあまり合理的な説明もつかない、単なる風習だ。
それでも、蕎麦はうまい。

札幌 ゴマそば八雲 盛り二枚

札幌では当たり前に食べるゴマ蕎麦だが、お江戸ではほとんど見かけない。そばにゴマを練り込んだものだが、ゴマの香りが良いアクセントになっているので個人的には好みだ。この店、八雲では盛り蕎麦が小さいセイロ二枚重ねで出てくる。なんだかお得感があるが、量は普通のセイロ一枚と同じだろう。注文してすぐに出てくるのでチャチャっと食べるには嬉しい。この店の良いところは、間違いなくかつおダシが強めのつゆだ。お江戸で言えば、藪系のつゆに近いストロングスタイル。

新得そばの館 レストラン玄穣

北海道は蕎麦粉の産地として有名だが、生産量一番は日本海側にある幌加内産。札幌でも幌加内産蕎麦粉使用などという蕎麦屋をよく見かける。いわゆる道北がそばの主産地だが、十勝でも新得の蕎麦は有名だ。その新得町のそば製粉工場に併設されている手打ちそばの店で蕎麦を食べた。店内に入るとガラス張りのそば打ち体験室があり、観光バスで訪れる「そば打ち希望者」が一生懸命蕎麦を打っている。素人が蕎麦を打つのはかなり難しいのだよね。体験塾でうまい蕎麦を打つのはは、まず無理だ。(経験者は語るだ)

新得そばは香りが高い

新得産の蕎麦は香りが高いと言われるが、新蕎麦で打ち立てのそばをいただける有り難さ。蕎麦は細切りで、よくある田舎蕎麦とは違いツルッと入っていく。つゆは甘めだが、そばがさっぱり系なので相性は良い。十勝の蕎麦屋で標準形といえるごぼう天も注文する。十勝は牛蒡の産地なので、地産地消というところ。長芋もたっぷり取れる地なので、とろろ蕎麦も良いのだが、今回は牛蒡と蕎麦でさっくりと食べることにした。
隣町の鹿追朝でも農家のお母さんたちがやっている蕎麦屋が人気だが、そちらは田舎蕎麦。流石に蕎麦屋の梯子は難しいので断念。

今年の大晦日は、このに時調達してきた新得蕎麦で仕上げることにしようと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中