食べ物レポート

日高屋とみそら 味噌ラーメンバトルin所沢

日高屋の味噌ラーメン

日高屋の味噌ラーメン

日高屋は、埼玉が誇るB級中華チェーンで大宮を本拠地に埼玉県と東京北部一円に店舗展開している。元祖ちょい飲みやでもあり、価格の安いことから昼でも夜でも混んでいる。とてつもなくうまいものを作らないという、食い物屋としては不思議なポリシーがあるようで、値段に合ったそこそこおいしいものを目指しているそうだ。だから、定番のラーメンも手抜きをしているわけではないだろうが、そこそこのうまさに落ち着いている。
同じ埼玉県で中華料理店を展開する餃子の満洲(ルーツは所沢)と比べると、ちょっと負けていると思うが、駅前に揃って出店していることはないので、競合状態もそこそこでやっていこうとしているのだろうしかし、餃子の改善はもっとしっかりやるべきだろうと思う。今の感じでは餃子の王将より落ちる。さて、日高屋の味噌ラーメンだが、もやしがたっぷり乗っていて、お得感はある味噌ラーメンだが、スープがおとなしいので、濃いめの味噌汁でラーメンを食べているような気がしてくる。東京周辺では、一帯にラーメンスープはあっさり目なので、こんな感じになるのか。札幌や博多のギットリと言いたいくらいの濃厚系ラーメンから比べると、大変おとなしいさらっと系というべきだろう。麺も札幌系のもちっとした歯応えはなく、歯切れも良い。埼玉のラーメンというより東京(首都圏)のラーメンの代表感がある。

みそらの味噌ラーメン

入間のみそら

「みそら」はイオン入間の中にある。実に薄暗い店なので、ショッピングモールでは珍しいと思う。こちらは麺を札幌から送ってきていた。麺の味がラーメン全体の味の半分以上を決定するかなと思うだけに、これはポイントが高い。東京の製麺屋も優秀だが、札幌西山製麺的な面にはお目にかかったことがない。
濃い味の味噌スープは、最近は標準となった豚骨ベースなので、口の周りはコラーゲンでねっとりとする。
奇妙な言い方だが、これは東京味噌ラーメン現在進行形なのだろう。札幌の昔からある味噌ラーメンは既に時代遅れなのだ。北海道全体でも、既にラーメンベースは豚骨が主流となっている。「山頭火」に始まり「白樺山荘」「けやき」などの行列ができる店は、みんな豚骨だ。

だから、この「みそら」のラーメンは現代の本流味噌ラーメン、しかも北海道風として認めよう。(偉そうに)
とりあえず所沢周辺では、この店が一番お気に入りだ。イオンの中にあるので混み方にはムラがある。土日の昼は行列ができるが、平日であればスッと入れる。

個人的には、日高屋は味噌ラーメン食べにいくには向いていないと思う。やはりみそらが良い。近くにある嘉藤も良いが、昼は行列必至だし。所沢周辺は意外と旨いラーメン屋探すの難しいのだね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中