食べ物レポート

札幌ラーメン 老舗対決

満龍といえば・・・なんだろうか?

満龍はススキノの南のはずれ

札幌のススキノにある満龍は、実に長い歴史がある(はずだ)。今でこそ、辛味噌ラーメンなどという時代迎合風のラーメンも売っているが、基本的に味噌か醤油にチャーシューという豪腕ラーメン店だった。東京恵比寿ガーデンプレイスに店が出ていた時は、随分とお世話になった。東京の支那そばにルーツを持つ東京ラーメンにはどうしても馴染めず、かといって札幌ラーメンどころかご当地ラーメンが、今のように隆盛を極めている時代でもなく、ラーメン不毛の地東京と嘆いていた。だから、満龍は本当にありがたかったのだ。池袋や銀座に札幌ラーメンを名乗る店はあったが、個人的にはみんなエセ札幌だった。麺が違うことが最大の原因。

なので満龍には足を向けて寝てはいけないっくらいのありがたさがあり、ついススキノで締めラーメンという時には足を運ぶ。今回も久しぶりで、漢人王しながら帰ってきたのだが、なぜか周りの客はほぼチャイニーズという異様な状況で、これも時代だなあなどとため息を一つ。万流の味噌ラーメンはシンプルの極みというか、最低限のトッピングしかない。これをさみしいとみるか、オーソドックスと見るかは年齢の差から来るものだ。スープは昔ながらで化学調味料たっぷり。これが嫌いな方には向かない。夜に食べるのは、歳を考えると控えめにねという感じで、麺を半分残して諦めることに。

大公といえば・・・醤油のはずだが

大綱は南2条通り 5丁目の角

「大公」も古い。昔、この辺りには東映の映画館があり、ヤクザ映画・カンフー映画全盛の頃は実に賑わう場所だった。すぐそばの狸小路にも何軒か映画館があり、周りには飲食店、ラーメン屋などが軒を連ねる昼の盛り場だった。今はすっかりビジネスホテルが立ちならび、怪しげな店は消え去り悲しい限りだが、大公の周りの一画だけはまだ店が残っている。隣の喫茶ZAZIは、今でもお世話になっている。

ここの味噌ラーメンは、ちょっと色が薄く、もやしと挽肉炒めが乗っている伝統的な形だ。チャーシューは乗っていないが、これは味の三平も同じだったと思う。この店は、ビジネス街の端っこあたりなので、さすがに外国人環境客はいないかと思ったら半分がチャイニーズだった。どうやら、狸小路でお買い物とラーメンはセットになっているようで。
本当は醤油ラーメンの方が好きなのだが、現在は味噌ラーメンの比較研究中なので仕方がない。この店も(というか札幌の老舗ラーメン屋は全てだろう)化学調味料で舌が痺れるくらいの昔懐かしい味がある。無化調をありがたがる人も多いが、所詮ラーメンは脂質、糖質、塩分の三拍子が揃った大人の嗜好品だ。健康を気にしながら食べるようなものではない。うまいものは体に悪いという言葉を実践しているのだから、もって瞑すべきだ。
せめてラーメンライスはやめよう、せめて餃子を頼むのはやめよう、くらいでよろしい。

老舗の味噌ラーメンは、きっぱりと罪悪感を感じながら食べる悪徳なる美味。それのどこが悪い。ちなみに、味噌味の濃い目が好きなら満龍がおすすめ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中