旅をする

ダムを見に行く 冬になればおやすみ

今年最後のダムは北海道

ダムは山の中にあることが多い。だから、雪が降り始めると、基本的に終わりになる。平地ではまだ雪が降っていなくてもダムの周りは凍結していることもある。特に、現地に行ってみるまでは道路状況もわからないことが大半なので、危ない目に合わないとも限らない。
ダムを見に行って崖下転落など洒落にもならない。

北海道 十勝ダム ロックフィル型
今年の最後のダム

雨の時期も危ない季節だし、台風が来れば道路が閉鎖されるような場所にダムがある。
こうして、ダメな時期を消していくと、意外なほどダム巡りの時期は限られる。

山形県 長井ダム 重力式ダム

東北でもやはり山の秋は早いので、せいぜい10月前半くらいと思っていたが、今年は台風の当たり年で、やはりタイミングが限られていた。週間予報とにらめっこしながら、晴れの続く日を狙うしかない。山形南部のダム巡りに行った時は午前中が雨降りだったが、県を東西に行き来しているうちに晴れたり曇ったりしていた。ダムに着いた時はたまたま晴れ。宮城県北部のダムは、好天に恵まれ気持ちの良い秋のドライブだった。ちょうど稲刈りが始まる時期で、水量も多い。田舎道のはずなのに妙に交通量の多いのは、いわゆる裏バイパスで地元民が抜け道に浸かっているからなのか。

宮城県 長沼ダム
これは水門

宮城県北部のダムは、好天に恵まれ気持ちの良い秋のドライブだった。ちょうど稲刈りが始まる時期で、水量も多い。田舎道のはずなのに妙に交通量の多いのは、いわゆる裏バイパスで地元民が抜け道に浸かっているからなのか。

流麗なアーチ型

温泉町鳴子から、車で10分ほどにばよにある鳴子ダムは。きれいなアーチ型ダムで、ダムの表と裏の両方から見ることができる。こういうところでは準備をしっかりすれば雪の中のダムも見ることができるのだろうけれど、寒いし、危ないし、ご遠慮申し上げるという物だ。

宮城県 鳴子ダム

来年のダム巡りは、多分4月からになるのだろうね。その頃にはダムカレーももっと増えていそうだ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中