食べ物レポート

北海道のヒーロー 餃子のみよしのとザンギ

みよしのとは・・・

餃子の「みよしの」といえば、札幌人のソウルフードというか、札幌の高校生でみよしのを知らない奴はいない。だから元高校生以上という年配者も含めてみんな知っている、はずだ。もともとは狸小路にあるカウンターのみ、10席程度の小さな店だった。その餃子の安さに高校生が飛びついて、地下鉄駅周辺にじわりじわりと店が増えていった。カレーも安く、びっくりカレー¥190円は大学の学食より安いくらいだった。びっくりカレーに餃子三個乗せた餃子カレーが、男子高校生の鉄板定番だった。今ではさすがに餃子カレーも¥400程度はするだろう。

ザンギの話その「みよしの」で、一部店舗限定だがラーメンが食べられる。決してラーメン専門店の味を求めてはいけないが、そもそも餃子だって、とてつもなくうまいというものではない。この値段で、このボリュームで、十分満足できるよねというのが、「みよしの」の満足の方程式だ。うまさで超絶しているわけでもないし、長蛇の列ができるわけでもない。それでも、元高校生から現役高校生まで幅広い層で「みよしの」は支持されている。だから、この餃子とラーメンのセットは、そこそこのうまさの実現という意味でとてつもなく意味がある。「みよしの」の餃子食べたいなあ、できればラーメンも一緒に食べたいな的な利用動機にドンピシャあっているわけだ。
だいたいラーメン屋の餃子は高すぎるし多すぎるんだよね。(と、これは個人的な文句だ)
札幌人のB級ソウルフード、「みよしの」の餃子があるうちは、全国チェーン「餃子の王将」も、「幸楽苑」もなかなか札幌進出は大変だろう。

ザンギとは・・・

そして、もう一つの札幌というか北海道B級ソウルフード、「ザンギ」。ザンギとは何かと言われると、味付けの濃い鳥唐揚げといえば良いのだろうが、これもローカルルールの塊みたいな食べ物で、正確に定義は難しい。特に、鳥の唐揚げと何が違うと言われるのが一番答えにくい。最近のスーパー惣菜売り場では、ザンギが売られていないことが多いようだ。売っているのは鳥の唐揚げだ。(商品名にそう書いてある) ところが北海道人の会話には、鳥の唐揚げなる単語はほとんど出現せず、だれもがザンギという。

では、北海道人は一体どこでザンギを買うのかという疑問が出てくるが、街を歩いていたらザンギ専門店を発見した。
ザンギとは、まあ、写真の通り、こんなルックスの鳥の唐揚げだ。だいたい一口サイズよりも大きい。肉量でいくと50−100gの間くらいではないか。子供のゲンコツくらいという感じだ。そして、衣は小麦粉ではなく片栗粉、澱粉が多い。(この時点で竜田揚げとの差別が難しい)下味はニンニク・生姜・醤油が基本だが、最近は塩ザンギなるものが勢いづいてきたので、醤油が必須ではない。釧路地方では、これにザンギのタレ、ザンタレという酸味の強い甘酢醤油のたれをかけることがある。これも最近じわじわ広がっているらしい。
残念ながらザンギ専門店が札幌市内にごろごろあるわけでもなく、居酒屋でもザンギに遭遇できる確率は半分くらいではないか。

それでもこの後100年ぐらいは、北海道人はザンギと言い続けることだろう。少なくとも北海道に旅行して、メニューにザンギと書かれていたら注文してみることをお勧めしておこう。

ザンギ、うまいよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中