食べ物レポート

諏訪の雷藏 名店の系譜

ラーメンチェーン店『幸楽苑』が撤退した跡地に開いていたラーメン屋が気になっていた。茅野市の町外れにあるが、昼時の駐車場はそこそこ埋まっていて、商売繁盛のようだった。気になったのは「ハルピン」の文字。諏訪インター近くのハルピンラーメンを思い出すからだ。

店内への入り口に味噌だるがたくさん並べられていて、諏訪地方の味噌蔵それぞれの味噌がある。寝かせダレというのがラーメンに使われる調整した味噌らしい。

テーブルでメニューを開けると、商品よりも味噌の説明の方が大きい。確かに味噌にこだわっているようだ。そして味噌にこだわっている職人姿のおっちゃんが、どうやらハルピンラーメンのおっちゃんらしいことがわかった。つまり、この店はハルピンラーメンの親戚というか兄弟というか、少なくとも同じ系列の店ということになる。途端に期待値が高まる。

注文したのは、もちろんスタンダードな味噌ラーメンだ。1回目の注文は、あまり気をてらったメニューには手を出さないことにしている。最近はやりの全部乗せなどには決して手を出さない。スープとラーメンが不味ければ、トッピングがいくらうまくてもダメだと思う。ましてやトッピングで腹が膨れるのは邪道という気がする。
この店の普通のラーメンだが、まずチャーシューが大きい。メンマとネギは少なめ、ソレ以外にトッピングなしということはチャーシューに自信があるのだろう。これは好感が持てる。中央に乗った味噌だれは、ハルピンラーメンに使う辛味噌ベースらしく、少しずつ溶きながら食べると良いみたいなことがメニューに書いてある。が、1/4くらい食べたら一気に溶かしてしまった。確かに、溶かしてみると辛めの味噌味にはなるが、好みに合わせてもう少し多くても良さそうだ。チャーシューもうまい。味噌の味は予想よりおとなしめだが、辛味噌との相性が良い。ガシガシと食べる味噌ラーメンだった。

長野はラーメン不毛の地などと言われていた時代が嘘のようだ。豪速球味噌ラーメン、好みであります。ハルピンラーメンと一回おきに使うことにしよう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中