食べ物レポート

神田みますや・・・ は大混雑

この店は雑誌で東京の名居酒屋特集などがあると、必ずといって良いくらい登場する。確かに名店だとは思う。入り口の横の座敷のような倉庫には日本酒が段ボールに入ったまま無造作に積み上げられているが、それが皆名高い銘酒ばかり。老舗居酒屋の意地というか凄みはこんなところにある。客層は幅広く、若者カップルから中高年まで。居酒屋らしく誰もが大声で喋るので、店内の騒音状態は相当のものだ。
それが良い人だけがくる店だろう。

老舗らしく日本酒徳利は名入れがしてある。猪口は目玉付きで、この辺りも日本酒好きにはたまらない。とある居酒屋で白鷹の温燗を飲んで以来、白鷹ファンなのだが、東京ではなかなかお目にかかれない。だから、この店では迷わず燗酒にする。貴重な白鷹提供店なのだ。

料理は名物が多いが、牛の煮込みというか牛丼の頭を注文して、これを独り占めする。同席した友人は冷奴と煮物を一品注文したが、それには全く手を出さず。こういう飲み方に納得してくれる友人はありがたい。どうも最近はなんでもシェアするのが礼儀っぽくなっているので、居酒屋でシェアしたいと思う品があれば二つ注文して、一皿ずつ食べることにしている。別にプライドがあるわけではないが、人の皿には手を出したくないと思うことが多い。
シェアするなら高知の皿鉢料理くらいのボリュームにしてくれよと言いたい。
牛肉の煮込みは本当に好みだ。これだけで何本でも酒が飲める。牛丼屋の牛皿とはどこが違うのだろうなどと思いながら、一皿完食してお腹が膨れてしまった。名物をもう一つと思いながら断念。次回に来る口実にして、退散することにした。
東京の居酒屋は長居をしてはいけないと思うので、これくらいでちょうど良い。

などとかっこつけて出てきたが、飲み足りない。すかさず靖国通りまで出て、チェーン焼き鳥屋に入ってしまった。ここではホッピーをぐびぐびと飲むのが良い。チェーン居酒屋で日本酒レベルを追求しても意味がない。結局みますや の二倍以上の時間を、ガラガラの店内でほぼホッピーしか注文しないで過ごしたのだから、酒飲みというのはどうしようもないものなのだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中