書評・映像評

日本史の学び直しとして 「日本史」講義

学校で習う歴史は面白くない、特に日本史が苦手だった。それが最近は日本史が面白い。

表紙 by Amazon

https://www.amazon.co.jp/dp/4163910352/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_tTkZDbS3DAPX6

「出口歴史本」はいつ読んでも面白い。特にこのゼロから学ぶシリーズは、地口が関西弁であり、その軽妙な表現がユーモアあふれているため、実に読みやすい印象がある。しかし、実際にはかなり骨太の歴史解説書なのだ。

最近は歴史の見直しが急速に進んでいるようで、昔々に歴史の授業で習ったことは、相当に修正され今では間違った知識になっているようだ。例えば、鎌倉幕府の開府は1192年(いい国作ろう鎌倉幕府と暗記したものだった)が、実際の東国武士の支配が始まったのはもっと前であり、1185年あたりからが実効支配開始ではないかと言うことらしい。文章に残った歴史資料の再点検と言うことで、歴史の解釈が異なると言うのも面白いことだ。

また、鎌倉幕府は全国を統治していた訳ではなく、基本的に東日本に住む「平氏」を中心とした地方政権であったとか、武家政治が始まっていても、公家と寺社などの旧勢力はそれなりの領土(荘園)を持ち、武家政治に反発しながら存在したとか。こんなこと歴史の授業では習わなかったぞと言うことがゾロゾロ出てくる。

確かに歴史は勝者が作るものであるから、どんなに平清盛が良い政治をしていたとしても、鎌倉幕府の公式見解は平氏悪者であり、源氏は善玉になる。そもそも源氏の直系政権は3代しか続いていいないし、鎌倉幕府自体が東国地方政権で、領土の揉め事調停権(裁判権)と警察権(司法)を持っていただけと聞けば、鎌倉幕府が全国統治していたとは思えない。まして、元寇が引き金になり鎌倉幕府は倒れるが、その原因も全国の武士を戦時動員したのに、恩賞(給料)が払えないための反乱などと言う、身もふたもない話なのだ。どこかの小国のクーデターみたいな話だ。

勝者が自分の過去を飾りたて美談にするのは、歴史の常でありそれを非難しても仕方がない。室町幕府は統制が弱かったように記憶していたが、意外とパワーゲームには強かったようで、鎌倉幕府ができなかった全国統治(武士のみ)は達成したらしい。
そもそも鎌倉幕府の制度設計は平清盛が志向したグランドデザインの踏襲だったと言うことであれば、鎌倉、室町と続く源氏政権(東国武士政権)は、あまり能力があったわけでもなさそうだ。こんな話は学校では習っていないな。

こんなことを学校で教えてくれていれば、もっと日本史好きだったろうに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中