食べ物レポート

米沢で蕎麦を食らう

ホームで駅弁売店は、もはや文化遺産

米沢の駅前で新幹線を降りると目の前が駅弁の売店だった。山形方面に向かうホームなので、山形や新庄に行く人が米沢で駅弁買うかなと思ったが、それは勘違いだった。米沢駅1番線ホームは、新幹線が上下線とも止まるので、東京行き上りの乗り込みもある。ということで2軒並んでいる弁当屋の競合体制も納得できる。奥の売店は、駅弁市場では超がつくほど有名な「牛肉どまんなか」を販売中。

駅を出てコンコースを歩くといきなり登場した前田慶次殿、なぜ米沢でと再び疑問符が三つくらい出てきた。どうやら前田慶次はこの地に最後は居ついていたらしい。戦国バサラの勇姿が最後は米沢まで来ていたとは。

さて、山形のそばといえば、板そばと冷たい肉そばになる。蕎麦の名産地だから、どちらもうまい山形名物と言えるだろう。「冷たい肉そば」は、山形県北部河北町あたりが発祥・本場で、山形県南部の米沢では見当たらないと思っていたが、しっかりと田んぼの真ん中の一軒家そばで登場してきた。さすが、そば王国山形。

実は、そばではなく「龍上海」の辛味噌の乗ったラーメンを食べようと車を走らせていて、途中で見かけた蕎麦屋にフラフラ入ってしまったというのが本当のところだった。しかし、旅の途中の直感はたまには良い仕事をしてくれる。昼時を過ぎていたが、店内はほぼ満席だった。

メニューの写真を撮る気になったのは、見ての通りのシンプルさだからだ。肉そばと肉中華とは、スープが鳥の出汁の強い透明感のある山形独特のものをつかい、麺が中華麺か日本蕎麦かの違い。あとはスープが冷たいか暖かいかは選択できる。冷たい肉そばか温かい肉そばかということだ。普通のざるそばもあるが、周りを見てもみんな食べているのは丼に入った蕎麦のようで、圧倒的な肉そば推しだった。

山形のそばは太めでもちっと歯応えがある。もう一つの山形名物「板そば」なども、スルッとすするのではなく、もぐもぐ噛み締める蕎麦だ。肉蕎麦も同様で、濃い出汁の効いたスープが絡んだ硬めの麺を噛み飲み込む。トッピングで乗っているのが親鳥の肉で、これも日頃食べ慣れたブロイラーの柔らかさとは違う。ガッチリ噛み締めて、歯応えと肉の味を確かめるように食べる。麺を大盛りにする客が多い、というかデフォルトは大盛りなのだそうだ。しかし、ここでは鳥中華のために胃袋のスペース確保をしなければならない。

鳥そばは冷たいのを注文したが、鳥中華は暖かいものにした。スープはちょっと違うような気がしたが、麺の違いが味の差としては大きい。鳥トッピングは同じようなものだが、なんと言っても蕎麦と小麦の差がはっきりわかる。山形県のラーメン消費が多いという原因は、この蕎麦屋で食べる中華そばのせいなのだろう。ただ、ラーメンはローカルルールの塊なのでなんとも言えないが、この鳥中華はラーメンとは似て非なる食べ物ではないか。あえて強弁するとすれば、豚骨ラーメンとちゃんぽんのような違いというか、限りなくラーメンに近い何か違うものという感じだ。蕎麦つゆにラーメンの麺を入れて食べる地域もあるのだから、この鳥中華くらいはラーメンの振れ幅のうちという考え方もあるが。ただし、これはこれで好みの食べ物で、また食べてみたいとは思う。

山形の麺文化は奥が深いなあ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中