旅をする

浜松城はちょっと素敵だった

徳川初代が開いた城はいくつかあるが、出世の振り出しは浜松城、成り上がった先は江戸城ということになるだろう。
(隠居した駿府城はおまけ)

織田・豊臣・徳川の三代で終結した戦国時代だが、その東海こそが主戦地だった。織田が美濃、近江、越前、伊勢あたりの切り取りに精力的だったときに、東側の遠江、駿河(今の静岡県)では徳川が防波堤的な役割を果たしていた。東日本は今川と北条と武田が三つ巴の泥沼状態であり、そこに越後上杉がちょっかいをかけるたびに騒乱となる。上杉と今川が抜けた後、武田・北条が手を出してきて、その防衛戦が続いたのが東海だった。そのため静岡県に歴戦の城が多い。戦争状態が長く続いたことの現れだろう。

浜松城は、低い丘の上に位置する。天守閣は野面積みの(自然石を積み上げて表面が凸凹している)無骨な城壁の上にたつ。浜松城主になった大名は出世することが多かった。浜松城は出世城とも呼ばれるようだ。
しかし、この城で籠城するのはかなり厳しいのではないかと思わせる。今は公園になっている敷地が全て城の縄張りにあたるとして、やはり平地すぎる。これでは三方ヶ原の戦いで逃げてきたにしても、武田軍団の数であれば鎧袖一触だったのではないか。本拠地である三河岡崎から浜松に移ったのは、旧今川領に対する圧力であったのだろうが、その今川領を快速で突破する武田軍団には、家康一党が抵抗できるほど縦深が足りていなかったということだ。浜松から岡崎まで撤退してようやく織田軍団の支援が期待できる程度だろう。
戦時の城としては浜名湖あたりに築城すべきだったのではないかなどと夢想してみた。

結局、織田軍団による武田氏殲滅とその後の本能寺の変により徳川は一時的な安定を迎える。織田後継を狙う軍団長抗争(跡目争い)では、羽柴を攻め滅ぼす勢いだったが、結果的にはそこからまた耐え忍ぶ時期となり、おまけに故地を取り上げられ関東に島流になる。
追い払われた辺境の地、江戸城で引きこもらなかったのは、相当な精神力だ。だから、きっと憂さ晴らしに造ったに違いない江戸城は、実に巨大な城となる。今のお堀で囲まれた江戸城は内側の城であって、外郭部はもっと広い範囲に及ぶ。が、それはまた別の話。
江戸城を築いた時期(おそらく当時では老境に入り)、明日の我が身を案じる焦燥感に苛まれながら築城を指揮した老将の執念に、ただただ敬服するばかりだ。(個人的には、家康を政治家としても武将としても全く評価はしていないが)

しえお巡りとは別の話になるが、浜松城の下にあるスタバは、これまた実にぶっ飛んだお洒落っぽさで感心した。スタバはこうしたユニークな店を作るのがうまい。弘前城の向かいにも、元陸軍駐屯地司令官の官舎を改造したスタバがあった。確かにThe third placeという空間だ。お上手。

出世した後の家康の江戸城の話は、またいずれ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中