書評・映像評

未来のミライ

細田式ファミリー劇 となりのトトロ?

これはちょっと細田監督作品として異色の作品なのだろうか

未来のミライ DVD by Amazon

https://www.amazon.co.jp/「未来のミライ」スタンダード・エディション-DVD-細田守/dp/B07KMLRBVM/ref=sr_1_4?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=ミライのミライ&qid=1572489286&sr=8-4

未来のミライはトトロだった

主人公は4歳ぐらいの子供で、それ以外の登場人物は父と母、生まれたばかりの妹、祖母と祖父、そして曽祖父、ペットの犬。これでドラマが作れるかと言いたくなるシンプルさだが、細田式アニメはいつでも登場人物が少なめなので、そこはあまり問題ではないようだ。主人公が、妹が生まれたことで母と父からの愛情が減ったと訴える幼児というのは(これ自体は極々当たり前の光景だろうが)、それをドラマにしていくのは結構な荒技だ。

どうも冒頭から感情移入が難しいテーマだなと感じた。育休がてら在宅仕事になった夫に、最初の子育ての支援不足を言い募る妻、そして母としてはつきまとう息子に怒り出し自己嫌悪するのが話の振り出しだからげんなりとした。現代の共稼ぎ夫婦像というのはこんなものかと暴き立てるだけのアニメなど面白いものかと思う。どこにでも転がっている現代の欠陥ファミリーを見せつけるのにアニメがいるかと。

ところが、そこになぜか主人公の前に秘密の通路が開通する。通路から現れたペットの犬が人間化し、切々と現状の待遇改善を要求する。高校生になった妹が現れ、主人公4歳に兄としての協力を求める。このあたりから微妙に家族の背景が語られ始める。主人公は、散らかしたおもちゃの片付けをしろと叱り付けている母親に不満を抱いている。すると秘密の通路が空き、母親の子供時代に飛び込み、母親と盛大に部屋をちらかしまくる。その後、母親と祖母の会話から、子供の頃から結婚するまで整理や片付けが苦手だったとわかる。つまり母親とは自分ができなかったこと、嫌いだったことを子供に押し付け、そしてそのことに自己嫌悪をする存在として描かれる。
この後も秘密の回廊を通じて曽祖父と合い、父親との関係を立て直すエピソードや、家族旅行に駄々をこねて参加しないといったところを、未来の自分(高校生)に窘められるなど、ファミリーのすれ違い、行き違いなどを延々と描いている。親という大人の理不尽さ、自分勝手さ(自分が押しつけたことに対して自己憐憫と自己嫌悪を吐露するあたりが嫌らしい)を遠慮なく暴き出す。

エンタテイメントの先に意図したこと七日

正直どこにオチがあるのかと言いたい。主人公が幼児ということもあり(その割に随分大人びだ物言いもしたいするのだが)、あまり突っ込んだところまで説明しない。ただ、周りに起きた情景を置いていくだけだ。なぜ未来の妹がやってくるのかとか、過去の母親と会えるのかという説明はなくても良いが、それで成長する主人公が4歳では成長の幅もたかがしれている。

ただ、これを宮崎作品「となりのトトロ」と並べてみれば、なんとなく見えてくるものがある。トトロという存在は妖怪であるにせよ、妖精であるにせよ、現実的にはあり得ない体験をさせるトリックスターであった。この話の中では未来のミライ(妹が高校生になった姿)がトトロ役を務めている。トトロ世界では、母親が入院して父親と姉妹で住むことになった欠陥ファミリー状態を、妹メイが納得せず暴走する話だった。そしてこのミライ世界では、母親が妹を生み自分をかまわなくなり、愛情が失われたのだ悲しむ主人公が、トトロ世界のメイ役となり、妹の未来のミライがその救済役となる。(さつき+トトロといった役回り)

最終的にはちょっとだけ成長した主人公と、ちょっとだけ相互理解がました夫婦になったファミリーができましたとさで話が終わる。この辺りもお母さんに届け物をして納得したメイとさつきの姉妹と同じ構造だろうが、時代が経った分だけ(作中でも現実でも)ミライ世界での解決は現代的であり家族間の課題は中途半端なまま放置されている。

細田作品は、基本的に家族の話だ。家族の欠陥、あるいは家族からはみ出した個人が再生する足掻きを描いた作品といえば良いだろうか。今回は、現代の家族をそのままの姿で観客の前に放り出し、実はギクシャクした欠陥が多い現代ファミリーでも、ちょっとだけ視点を変えて、ちょっとだけ考えを変えればなんとかなるんだよというメッセージを置いてみましたということだと思う。そして、その手法に妖怪?妖精?トトロではなく、なんらかの形で未来からやってきたタイムリーパーな妹を使ったということだろう。

家族の話の先にあるものは?

細田作品として、優れたエンタテイメント性を持つ作品群「時かけ」「おおかみこども」「バケモノの子」をみてきただけに、やはりエンタテイメント性、物語のワクワク感を期待してしまうのは仕方がない。残念だが、この作品はエンタテイメントとして期待のレベルには遠かった。おそらく意図してエンタテイメントではなく、家族というものを、ちょっとフォーカスをずらして描いてみたということなのだろう。実写映画で言えば、降旗監督作品に似た風合いというか、似たような匂いを嗅いだような気がする。次回作に期待。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中