食べ物レポート

仙台の老舗 居酒屋と牛タン焼きと

仙台の誇る横丁文化

仙台は横丁が多く残っている。映画「深夜食堂」に出てくるような細い道の両脇にびっしりと食い物屋と飲み屋が立ち並ぶ。これを人工的に作ったのが各地にある屋台村だろう。仙台の本屋に行けば、仙台横丁についてのムックも並んでいる。横丁が残るということは、再開発から逃れ商売が長く続いているという意味だ。だから当然のように、老舗化している店が多い。

居酒屋 源氏の看板はひっそりと

仙台の有名横丁に「文化横丁」がある。これは一番町から続くアーケド街を、横に外れた一角にあって、店舗数は30−40軒ばかりだろうか。いつでも行列のできる餃子屋もあり、鮨屋あり、焼肉屋ありのカオスな展開が良い。その横丁の中間あたりを曲がり、また一段と奥まったところの突き当たりにひっそりと暖簾を上げている居酒屋が「源氏」だ。テレビのルポ番組でも度々取り上げられている有名店なのだが、中に入ると実に古い居酒屋だ。そして居心地が良い。
コの字のカウンターに15人も座ればいっぱいになる小ぶりな店で、中には女将一人が忙しく注文をとり、料理を並べている。ここは酒を頼むと自動的に料理が一品つく仕掛けなので、好みの日本酒、ビールなどを頼み、まずはお通しを片付けながら、一品めの肴は何が出てくるかをじっと待つ。周りの客の前を見れば、なんとなく今日の出し物がわかるのだが、追加で料理を注文する人も多いので判別がつかないことも多い。

一品目は煮物、二品目が冷奴というのが、この日の出し物だった。そして、お酒の注文には制限があり(3杯だったか4杯だったか)、最後の肴には味噌汁が締めのサインとしてつくらしい。そこまで飲んだことがないので、不確実情報だが。
追加の料理もいろいろあり、個人的な一押しは「汐ウニ」。塩漬けのウニが小皿にふたつまみ程度、この量が絶妙で、だいたいこのウニを肴に冷や酒2杯が的量だ。そして、あと一杯呑みたいのになと思いながら、さっと退散する。次から次へと客が来るので、長居するのは野暮というもの。老舗居酒屋に行く時は、この早い回転を手伝う(他の客のためもあり店のためもあり)のが、暗黙のルールだという気がする。
ちなみに塩釜の日本酒「浦霞」を、グラス酒(もっきり)で頼むと1000円だった。料理一品付きなので、まずまずのお値段。

仙台随一の飲み屋街国分町の名店 太助

戦後の食糧不足期に開発された「牛タン」焼は、すでに仙台の名物であるのは間違いない。その牛タン発祥の地が、「太助」。仙台の夜の繁華街、国分町の真ん中あたりにある小ぶりなお店だ。国分町は仙台屈指、つまり北日本ではススキノに次ぐ夜の街だろう。ススキノではジンギスカンの店が目立つが、仙台では牛タン屋が多い。
お昼時は観光客を含む行列が伸びている。それでも昼時を外せば、比較的すんなりと入れる。メニューは牛タン焼とテールスープと麦飯、これをバラで頼むかセットで頼むかの違いだけで、超がつくほどシンプルだ。客の選択肢は牛タン3枚にするか4枚にするかくらいしかない。
なぜ麦飯なのかとは考えなくても良い。モリモリと麦飯をかき込みながら、塩味の効いた牛タンを噛み締める。肉汁と油が口の中でいっぱいに広がる。それをテールスープで流し込む。こういった動作の繰り返しで、定食を完食する。満足度は高い。

余計なことだが、テレビ番組で見た店主はにこやかに牛タンのいわれなど話していた。気さくな親父と言う感じだったが、実際に店に行ってみると、にこりともせずに牛タンを黙々と焼いている。おー、あれは営業トークだったのだねなどと思いつつ、目の前の仏頂面親父を見ながら笑いだしそうになった。カウンター内で働く女性も、それなりに表情硬いのは親父の仏頂面が移ったのか。ランチもディナーも混み合う店なので、まあ仕方がないだろう。大チェーン店になった利久では、まるでファミリーレストランみたいな接客をされるので、どっちが良いと感じるかは個人の好みだろう。

牛タン3枚 テールスープ 麦飯セット

老舗には老舗の重みがあるということを承知して、この二軒お試しあれ。どちらも仙台のお宝だと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中