食べ物レポート

駅弁が食べたいから旅をする? 米沢・横川・仙台

駅弁はうまいぞ

駅弁が好きだ。特急列車に乗って、ゴソゴソと包装を開けながら食べる駅弁は、実はたいそう好物なのだ。出張帰りなどで、やれやれこれで後は帰るだけみたいな状況で、ぬるめの缶ビールなどで一杯引っ掛けながら食べる駅弁ほど旨いものはない。ただただ腹が減っていて飯を胃袋に補給的な状況では、コンビニで買ったおにぎりでも良いけれど、移動中の飯といえば駅弁に限る。

超個人的な好みを言えば、地域特産の名産品を入れてもらうより、豪速球的なシンプル駅弁が好きなのだが、全国的には幕内弁当風バラエティ弁当が売れていると思う。
好きな駅弁屋といえば、京都駅の新幹線コンコースに行く途中の弁当屋、青森県弘前駅の弁当ワゴン、福島県郡山市の駅の立ち食い蕎麦屋脇にある弁当売店、九州新幹線鹿児島中央駅改札内の駅弁売り場。この辺りが自己ベストの弁当屋だが、それに負けないのが山形県米沢駅のホームにある弁当屋。

米沢の駅弁

牛肉弁当ではおそらく一番有名な、「牛肉ど真ん中」。最近はいろいろと味付けのバリエーションもあるのだけれど、やはりオリジナルが一番よろしい。
包装紙に牛丼弁当と書いてあるように、蓋を開けると一面に牛の甘辛煮がドーンと出現する。付け合わせの煮物は、濃い目の味付けの牛に合わせて火、意外と薄味なのも良い。質実剛健のきわみなのだが、これを酒の肴に食べると予想外に旨い。米を食いながら酒を飲むのは邪道という気もするが、鮨を摘みながら酒を飲むような感覚になる。濃い味付けのせいだけではないのだろうけれど、吉野家の牛丼で酒を飲む気にはならないので、やはり駅弁のハロー効果みたいなものがあるのか。
最近では東京駅の弁当屋でも売っているベストセラー弁当らしいが、昔は新幹線の車内販売で予約して買うような貴重品だった。(今は車内販売すら消えてしまった)

牛肉そぼろうまし

横川の釜飯も酒の肴だ

峠の釜飯本舗

駅弁番付で「牛肉どまんなか」東の横綱だとすれば、西の横綱は「荻野屋の峠の釜飯」で決まりだろう。いまだに陶器の釜に入って売られているのは、ノスタルジーを超えた定番中の定番。最近は軽量のプラスチック容器入りもあるようだが、やはりずっしりと重量感のある釜が好ましい。(洗って再利用もできるし)
また個人的な感想であるが、この弁当は究極の酒の肴だと思っている。これに匹敵するのは、横浜の崎陽軒焼売弁当くらいか。弘前の「津軽の弁当 お魚だらけ」も負けてはいないが。

椎茸がうまい、わさび漬けも泣けるうまさ

実はこの釜飯の製造工程をテレビのルポ番組で見て、ちょっとびっくりしたことがある。米の炊き方というか、入れ方というか・・・。何やら太いチューブからニュルニュルと茶色いご飯が、釜の中に注入される。それをプレスして平らにした上にトッピングが載せられていく。勝手に頭の中で、ベルトコンベアーに乗った窯が下から加熱されご飯がブクブクと炊き上がり・・・的な絵を期待していただけに、ご飯がチューブでネリネリという光景は想定外だった。それでも、食べてみれば旨いのだから、あの工程は見なかったことにしようと脳内記憶を消し去った。
この釜飯を上手に食べるには、日本酒を冷で用意し、まずは椎茸あたりでスタートし、酒を飲んだら鶏肉、酒、たけのこ、酒と日本酒とトッピングを交互に楽しむ。
甘い栗は最後まで取っておく。トッピングを平らげると、下から出てくる飯に口をつける。醤油味の効いた米を肴に、また酒を飲み、隣に置いてある漬物をゴボウ、胡瓜、わさび漬けの順番で少しずつかじる。この辺りで、酒は終わり、後は残った飯を一気に書き込む。合間に漬物の残りをやっつけて、うずらの卵を噛み締める。そして窯の底に残った栗の甘煮をデザートとして楽しむ。ふー、満足だと一息付き、蓋を閉めて釜飯完食。
この釜飯は昔は横川駅で立ち売りしていたようだけれど、今では高速道路のインターチェンジ前のお店やサービスエリア内でも売っている。そして食べた後は、返却箱に釜を返す人も多いようだが、ここは断固として持ち帰って再利用した。
この窯で釜飯を炊いたことは何度かある。子供とキャンプに行った時には人数分を焚火で炊いた。火の回り方で出来上がりにムラができるのが、またキャンプでの楽しみだった。確か3−4回は使えたと記憶している。今では、デスク周りの小物入れとして使っている。釜の深さが結構あるので、使い勝手は良い。ただ、鉄道の移動中に食べると釜を持って帰るのはちょっと重いかもしれないが、そこは気合で乗り切ろう!

仙台といえば政宗公

仙台といえば牛タンではなく、伊達政宗公ということで、政宗公ネーミングの駅弁は何種類かある。その中で、いわゆる幕内風バラエティー重視の弁当が「政宗公御膳」だ。黒地に金で書かれた模様、八角系のパッケージ、ビジュアル的には格好良いのだが、ここで気がつくべきだった。駅弁のうまさはパッケージとはあまり関係ない。逆に今風にパッケージをしゃれのめして作っている新興駅弁は意外とレベル低いのだよね、ということを。
一口サイズのおかずがいろいろと8種類並べられている。シンメトリーできれいなものだ。ご飯が二種類、白米と炊き込みご飯。いろいろと楽しめますよ的な、現代風幕の内なのだが、如何せん味が好みではない。仙台には温泉旅館の女将さんコラボ(鳴子・秋保・松島の3種類)弁当があるが、あちらの幕内系の方が明らかにうまそうなのだ。
まあ、どこが政宗公なのかは解説書付きなので、弁当食べながら読むとなるほどねとは思うが、それだけ。(バッサリ)
なんだか、ちょっと寂しい気にさせられる。まずいとは言わないが、駅弁特有の楽しさはあまり感じれれないぞということだ。おそらくビジネス弁当として、会議の時の昼ご飯的な出し方をされるとそれなりに納得できると思うが・・・。

日本海あたりもうまい弁当が多いのだよね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中