食べ物レポート

肉・ニク・にく食いたい

肉といえばハンバーグ?

サイゼリヤのランチハンバーグは、個人的な思い込みだが通常品よりちょっとサイズが小さいのではないかと疑っている。実際に比べてみたわけではないのであくまで疑いだ。しかし、オフの日にサイゼリヤで遅いランチ時間にグラスワインでハンバーグを食べるには程よい大きさだと思う。ランチセットにつくサラダとハンバーグでずいぶんと幸せな気分になる。つまらん居酒屋に行って、つまらんホッケ焼き(ホッケが嫌いなわけではないが、大方の居酒屋のホッケはまずい)で700円も払うより、よっぽどサイゼリヤのランチがマシだと思うのだ。トマトソースで食べるハンバーグは、なかなか蠱惑的だと思う。

サイゼリヤのランチハンバーグ

しかしだ、肉を肴に酒を飲もうと決めると、実はサイゼリヤは物足りない。まずいのではない。サイゼリヤのハンバーグは白飯と一緒に食べる食事の設計だ。当然、今の時代の子供+ファミリーに照準を合わせた設計だろう。それはそれで良い、間違っていない。ところが、こちらは酒をぐびっと飲みながら肉を食いたい気分だとすると、選ぶ店を変えた方が良い。
仙台駅近くにあるグリルボンテンは魚居酒屋が出した肉バルなので、濃い味付けと歯ごたえがある料理になっている。ハンバーグの設計が、ぐびぐびとホッピーあたりを飲みながら食べた時に万全となるように考えられている。
焼き鳥屋の軟骨入りつくねがハンバーグになったと思えば一番近いだろう。歯ごたえがあり肉自体にも味がついていて、それに強烈なソースがかかっている。お口直しは鉄板でアツアツになっているショートパスタ。いい仕事してますねというところだ。

グリルボンテンのハンバーグ

サイゼリヤで異色なサイドアイテムは辛いチキン。手羽元、手羽中を辛いソース付きの衣で揚げたもの。提供時はオーブンで加熱している。これって、食事のサイドアイテムとは言えない。飲み屋の一品であり、パスタ注文して追加でチキンという設定ではない。イカの輪切りのドレッシングかけも、異色なサイドアイテムだから、サイゼリヤでちょい飲みという客にはそれなりに支持されているのだろう。(個人的には好きなチキンですよ、ファミリー向けチキンとはマックのナゲットのことだと思う)

サイゼリヤの辛いチキン

仙台駅の3階にある牛タン利久の姉妹店、ロッケンキッチンでは、当然ながら牛タン焼きが提供されるのだけれど、付け合わせがキャベツの浅漬けではなくクレソン入り生野菜になるあたりが微妙なこだわり。牛タンのカットも利久とは違うが、これは洋風バージョンということだろうか。意外とワインよりも日本酒の辛口を冷たいやつでという合わせ方が良さそうだ。
これはオリーブオイルをひと回しするともっと味が引き立ちそう。

仙台駅 ロッケンキッチンの牛タン

仙台駅近くの居酒屋スポットにある超絶に混み合っているもつ焼き屋丸昌だが、この店の混雑の原因はやはり安いということに尽きるのだろう。接客レベルはお世辞にも良いとは言えない、常連相手の最小限サービス的なところがある。もつ焼きのレベルは極めて標準的で、不味くもないし、うまくもないし、でも文句はないなというところ。一本でも頼めるのが、お安い店としては良心的。意外と女性の一人飲みが多いので、常連客のおっちゃん達はお行儀が良いのだろう。色々な肉を食べたければもつ焼き屋は便利だ。

丸昌のお通しキャベツ

いささか気になるのは来年以降、喫煙はどうなるのかだ。タバコの煙より串焼きの煙の方が体に悪そうな気もするし、おっちゃん達は喫煙デフォルト状態だったし・・。お通しのキャベツにもつ焼きとタバコOKという、最強おっちゃん支援組織は令和の時代に生き抜くことはできるのだろうか。

世界のうまいものは、その半分くらいは肉だと思うぞ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中