書評・映像評

「空の中」 有川浩

元祖ラブコメSFと言うべきか


空の中 by Amason

有川浩の作品は、かなり映画化されている。ヒット作と言えば「図書館戦争」なのだろうし、ほのぼの系といえば「(高知県)県庁おもてなし課」だろう。
有川浩初期の三部作、空の中、海の底、塩の街を抛おりっぱなしにしたまま何年も経ってしまい、ようやく本棚の奥から引っ張り出して読み始めた。

あとがきにも書いていいるがもともとライトノベル出身者だった。ライトノベルが流行り始めたころ、塩の街だけ読んでそれっきり。中身も思い出せないのが、いささか恥ずかしいのだが、確かにラブコメSFと言うジャンルの確立者であると思う。どの話の骨格も、骨太な本格SFであり、なんちゃって話では無い。
この本も、カンブリア時代前の古代生物が人類の前に現れると言う意味では、そしてそれが人類の脅威となると言う意味では、ゴジラと同じ異生物侵略モノであり、売るおtラマンの系譜を引く怪獣ものでもあるだろう。

主人公は二組の男女であり、高校生カップルとヤングアダルト、二十代のカップルだ。どちらのカップルも女性主導で、男はいささか軟弱という格好は、図書館戦争まで続く、著者のスタイルとも言える。この二組のラブコメが縦軸とすれば、横軸は人類の知能レベルを遥かに超えた巨大生物とのコンタクトストーリであり、人語は解するがロジックが人類とは異なる知性との交渉劇だ。そして、巨大でより知性的な生命体に対し、恐怖のあまりいきなり攻撃するという「破壊衝動の歯止めが効かない狂った猿」としての人類が描かれる。おまけにその狂った猿族の中でも、どうしようもない無定見な一族としての日本国、そしてその無定見な政府の政策で大量の被害者が出るパニック状況を淡々と書き出す。これが著者の二作目だということに改めて驚かされる。

エディアカラ生命群の生き残りとして高空での生存に対応した「白鯨」と、ようやくその高空に手をのばした後継生命体としての人類の接触というかなり重たいテーマを、ラブコメ交じりに書き出すのが、力技だったが、物語は破綻なく解決する。二種の知的生命体のその後について読みたい気もするが、そして日本国を脅迫した「某国」のその後についてはもっと興味が尽きないが、二つのカップルの決着こそ物語りの大団円ということだろう。

巻末に載せられた掌編がすべての話のすわりをよくしてくれる。高校生カップルの後見とも言える「宮じい」こそが、この物語りの本当の主人公だったような気さえする。
個人的な感想として、自分の高知の友人の話ぶりを思いながら読んだ、「土佐弁」の会話が実に楽しかった。会話がそのまま高知の友人の声・話ぶりに変換されているのは、またとない快感だった。特に宮じいは、アキさん(元カツオ漁師の友人)か喋っているようだったし、佳江のセリフはみささん(商工会の友人)だった。

高知県に友人がいる人にはとてもおすすめ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中