食べ物レポート, 旅をする

花巻市 マルカンビル大食堂

何は無くともオムライス

花巻市にある元百貨店の大食堂がは百貨店閉店後再開された。それがマルカンビル大食堂。そしてここには懐かしき昭和の百貨店大食堂が再現されている。和洋中全てが揃う、ファミレスなどなき時代の勇者なのだ。寿司でもラーメンでも天ぷらでも、なんでもありなのだけれど、やはり一押しの品はオムライス。卵とケチャプのコントラストが美しい。

そして中を割ると出てくるのがケチャップ味のチキンライス。あー、至福のときだ。写真が赤っぽいのは、この時夕日が差し込んできたせいで、何やら面妖な照明を当てた感もするが、自然光。
ともかくこれがうまいオムライス。業界デフォルトと言って良いと思う。

もう一つのオススメは、マルカンラーメン。世の中でよく言われている広東麺、中華あんかけのかかったラーメンで、これもアツアツをハフハフ言いながら食べるのがよろしいかと。

そして、最大の名物は箸で食べるソフトクリーム。高さ推定20cm越え、旨し。

一階エレベーター前には、観光客向けの写真撮影スポットもあり、なかなか楽しい。

メニューはこんな感じで盛りだくさん。家族みんなで行っても誰もが好きなものが注文できると思われる。エレベーターを降りたところに大きなサンプルケースがあり、あれこれ迷いながら選んだメニューの食券を買うというシステム。

花巻市中心部、日曜の夕方でありながら残念ながら人影なし。日本の地方都市はだいたいこんな感じになってしまっているが、大食堂の中だけは人で溢れていた。

花巻市は宮沢賢治の博物館で有名だが、街の中をぶらついても良いのではと思うし、マルカンビル大食堂には必ず立ち寄るべきだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中