旅をする

今年行ったところの看板 札幌・山形・仙台・内房

札幌では味噌ラーメン発祥の地、三平の暖簾。

山形市で居酒屋 山形フード満載。

山形県北部の名品 冷たい鳥そばの人気店 色は本店

東京渋谷 井の頭線脇の狭い小路で 長崎飯店はちゃんぽんが有名?

仙台駅前 アーケードの裏道にある ワインと焼き鳥の店 絶対おっさんを拒絶している

仙台駅東口のはずれ パルコ2の裏側 おさんしかいない立ち飲み屋 昼は立ち食い蕎麦屋

仙台名物横丁の飲み屋 文化横丁 餃子の名店 八仙 正しくは中華料理屋だが餃子注文率100%

千葉内房 道の駅保田小学校 食堂室?と言いたい、中華料理屋。 金八先生いますか?

旅の記録が簡単にできるようになったことはありがたいことだ。そして写真というか画像は、兎にも角にも記憶喚起力がすごいので、何百字書き連ねるよりも、記憶を呼び覚ますには向いている。

ただ、問題点は例えばラーメンの写真で店を思い出すのはむずかしいが、看板の写真でラーメンを思い出すことはできるという非対称的な記憶だということだ。だから、ラーメンと看板をセットで写真に撮っておくのが望ましい。更に言えば、駅名地名看板→店名看板→商品写真という三昧セットがもっとよろしいということに最近になって気がついた。記憶力の衰えを、デジタル記録という外部記憶装置で補う。うーん、これはサイボーグ化の第一歩だなぁ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中