食べ物レポート

6月に食した居酒屋の逸品 全国あれこれ

6月は、結構あちこちに出張っていたので、そんなこんなを取りまとめてみた。

新宿三丁目 ごまや

なんと夏も間近のこの時期に牡蠣の食べ比べ。五島列島の牡蠣は初めて食べた。南の島でも牡蠣はあるのだね。知内の牡蠣は最近赤丸急上昇中。函館の隣町の知内で牡蠣の養殖が始まったのは最近らしい。だからまだ品薄だし、地元の北海道でもなかなかお目にかかれない。津軽海峡の荒波で揉まれて育つので旨味が濃いと評判の一品。個人的には知内の方が好きだ。

新宿三丁目 ごまや

ゴマサバという料理は博多でよく食べる。日本海側の鯖には(悪さをする)アニサキスが少ないので、生食ができるらしい。甘い九州しょうゆで作ったゴマだれで食べる鯖は美味い、本当にうまい。ただ、この写真のものとは全く違う。これはゴマをまぶした鯖というべきで、ちょっと期待はずれ。味は良いのだけれど、こちらの思い込みの違いだね。

新宿三丁目 ごまや

キノコのアヒージョ?というかフォンデュというか。スープで食べるキノコはうまいとおもうが、何より石鍋なのでジュワジュワと沸騰しているのが、超絶にうまそうにみえる。沸騰するスープから立ち上がるにおいも美味さをそそる。よく考えられたメニューで、シズル感バッチリ。

新宿 えん

多分、金目鯛のカブト煮。魚の頭は甘辛くにつけるととてもうまい。骨の裏側についた身をこそぎ落としながら食べるのが好きだ。冷たい日本酒と合わせると、なお良い。この店で一番うまいのは、この頭の煮たやつではないか、などというと調理場の板前さんは泣くだろうか。一番うまいのは目玉の裏側だとおもうぞ。

仙台駅前 強太郎

ダシ豆腐、といってもかかっているのが山形名物「だし」、菜っ葉の刻んだものに塩味をつけた、漬物のようなしろもの。シンプルだけに豆腐のうまさが引き立つ。鰹節に醤油という冷奴も良いが、こうした一手間かけた料理になった豆腐もすきだなと・・・。自家製のダシは、山形では当たり前にあるのだろうが、これを上手に作れれば、夏にはビールと合わせて自宅で一杯やれるのに。

仙台駅前 強太郎

冷やしトマトというのは居酒屋の定番で、ぼったくりメニューの最たるものだといつも思っている。たから、せめてマヨネーズは自家製にするとか、塩の産地に凝るとかしてくれないかなあというのが、注文するものとしての希望なのだが。
一番良いのはトマトにこだわってもらうことだが・・・。
この店では、そこのところがちょっと工夫されていて、トマトの上にかかっているのは刻んだガリ(甘酢生姜)と塩昆布だった。これは発明した人、偉いと言いたくなる「コロンブスの卵」的メニューだ。料理の工夫とはこういうことを言うのだね。塩もオリーブオイルもいらない。完成形冷やしトマトだった。

仙台駅前 ろばた天海

炭火焼盛り合わせと言ってしまえば、身もふたもないが。炭で炙った鶏肉、魚、野菜を塩で食す。これもシンプルながら、焼き加減や素材のうまさで勝負という豪速球な料理だった。本来ニー三人前で盛り付けるのを、一人前でアレンジしてくれたもので、これだけ食べて今日はおしまいといっても良いくらいのオリュームだった。仙台といえば牛タンが有名だが、こんなたべかたもるのだね。

熊本空港 レストラン

辛子蓮根が好物なのだが、ひと塊り買ってきても、実は食べきれない。これをご飯のおかずにボリボリ食べると言うわけにもいかない。酒の肴でつまむには、せいぜい三、四切れもあれば十分だろう。だから、熊本空港から帰るときは、必ずと言って良いほど空港のレストランで辛子蓮根を頼み、米焼酎で一杯やることにしている。辛子蓮根は、レンコンの穴の中に和がらしを詰め、衣をつけて揚げたもので、製造元によって味が違う。どこの辛子蓮根がうまいかなど分かりもしないが、辛子があまり辛過ぎないくらいが良いなとは思う。これと馬刺しがあれば、熊本の夜はパーフェクトだな、などと思いつつ熊本空港から東京に向けて帰るのでありますよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中