食べ物レポート

札幌の中華料理屋を偉そうに研究してみると

札幌といえばジンギスカンとラーメンというステロタイプな話はちょっと脇に置いておき、札幌の中華料理店を考えてみる。ラーメン屋ではなく中華料理店だ。もともと日本の中華料理店には二系統あるように思ってきた。一つは日本が大陸を含めあちこちに出張っていた時期に、日本に渡ってきたメインランドチャイニーズをルーツとする、いわゆる本格派中華料理店。チャイニーズが日本人の下に合わせて調整しながらも、外国料理店として確立していったもの。横浜とか神戸にある中華街はこの典型だ。
もう一つは戦争に負けて、大陸から引き揚げてきた日本人、特に元軍人が当時を思い出しながら再現した、日本人の中華料理。言って見ればなんちゃってチャイニーズ料理であり、あっという間に日本化したもの。このタイプにはラーメン店や餃子店なども多い。で、札幌のチャイナレストラン事情なのだが、どうにもなんちゃって感が強いというか、ルーツなしなのではないか?といいたいぐらいで、ラーメン店から逆進化したようなとでもいえば良いのか。日本人が日本人に習って覚えた中華料理なのだろう。第三の波、サード・ウェーブ・チャイニーズといっておこう。

サードウェーブのキング? 「布袋」

布袋のザンギ

そんな札幌的中華料理店で超がつくほど人気なのが「布袋」のザンギ。そもそもザンギと鳥の唐揚げは違うのかという哲学的な命題だが、多分違う、いや、違うんじゃないかなと思う。スーパーの惣菜売り場やデパ地下の食品売り場では、ザンギと鳥からが別に売られていることもあるので、多分、違うものなのだ。個人的見解でいえば、しょうゆ味でにんにくとしょうががきつい味付けなのがザンギ。衣はデンプンの場合が多い。(竜田揚げ風ね)まあ、ザンギはローカルルールの塊みたいな商品なので、にんにく味の鳥の唐揚げは、大体の札幌人がザンギと認めるのではないか。そのザンギの名店が「布袋」であり、当たり前のようににんにくとしょうががガツンとくる。うまい。衣はカリカリしているので、揚げたてを食べつと中から熱々の肉汁と脂が飛び出してきて、口内火傷は必至だ。危険な食べ物なのだ。ついでに頼んだ春巻も実に好みだ。一緒についてくるつけ出汁も良いが、ここは浜松餃子風に酢に黒胡椒をたっぷり入れたものをつけて食べたい。ビールのお供のワン・ツーフィニッシュ。「布袋」恐るべしなのだ。

町中華の王様 「香州」

札幌で待ち中華の典型だった五十番がビルの建て替えで閉店してしまい、残る老舗といえば南3条西4丁目角「香州」のみか。この店もいい加減古いから客層はもうすっかり高齢者限定といいたいぐらいなのだが、味の方はまだまだこってりとしていて、オススメはこの大ぶりのシュウマイ。横浜崎陽軒のシュウマイは首都圏の定番と言えるが、札幌でうまいシュウマイを食べたければこの店に限る。カニシュウマイでちびちび紹興酒をロックで飲んでいると、これまた「貧乏人の桃源郷」となってくる。この店はいささか頑固なポリシーを持っていて、入り口にわざわざ「当店には禁煙席はありません」と書いてある。このネット社会では札幌の片隅の老舗にも外国人観光客が押し寄せてきて、禁煙席を要求するらしい。だったら日本語ではなく、簡体略字で「禁煙席ありません」と書けば良いのになと思いもする。

そして、本命中の本命酢豚を食す。これがまた良い、愛してやまないパイナップル入りに酢豚だ。人参が少なめなので色気が悪いが、味は抜群で、昭和の中華の定番的な甘酸っぱさがする。最近はやりの黒酢酢豚(具材は豚のあげたのだけ)みたいな偏屈な食い物ではない、野菜たっぷり、玉ねぎシャキシャキな酢豚だ。ご飯にかけて食べたいおかずな酢豚だ。この店で食す料理は、皆平成のオシャレ感はない昭和ストロングスタイル。令和の時代に生き残っていけるか心配だが、少なくとも自分が生きている間は元気に商売が続いていることを祈るしかない。

札幌に来たら中華を食べろとは言わない。が、布袋のザンギは食う価値がある。香州の酢豚も同じく食う価値がある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中