食べ物レポート

3月のラーメン 色々といちゃもんつけてみた

ラーメンは体に良くないと言われることが多い。脂質と炭水化物と塩分が多いということなのだとは理解している。にも関わらず、日本中にラーメン屋が多いのは、ラーメンというものが、人が動物として残している本能に響くうまさだからなのだ、と思い込んでいる。ラーメンへの憧れは、人類の祖がまだ猿族とあまり離れていない時代、安楽の地である森林から追い出され、サバンナの荒野に生き始めた頃からの、生きていることの意味、味覚から生まれたものだ。森の中で暮らしていた時代、基本的に木になる実から得る炭水化物、昆虫から得るタンパク質・脂質が雑食性の猿であった人類の祖の嗜好品だった。サバンナに追いやられ仕方ナシに直立歩行と、それに伴う手の使用で狩が始まり、肉食を覚えた猿が原生人類だ。
だから今でも、たんぱく質より炭水化物を好み、脂質こそ貴重で極上の旨味。塩分はまさしく狩の味。まさにラーメンは現生人類の脳細胞を直接的に刺激する、「人類の原初の夢的食物」であると・・・。

富士そばの煮干しラーメン

さて、立ち食いそばの富士そばで裏メニューだったものが、今や相当に「表」化したメニューとなっている「煮干しラーメン」である。ご覧の通り、なんともルックスはしょぼい。トッピングはそばからの流用であり、唯一チャーシューが独自な存在感を示している。ただし、噛みしめるとなんとも安っぽいハムのようなもので、残念ながら期待外れであるのだ。
めんまも、これは相当に手抜きだ。では、このラーメン、ダメダメかというとそうでもない。まず、すぐに注文して出てくる。さすが立ち食い蕎麦屋だ。スープは煮干しが効いていて意外と本格的。だから、朝飯ながらちょっと力つけたいぞ的な朝ラーとしては優秀かもしれない。価格はまさかの450円なので、文句を言ってはいけない。個人的には茹で卵いらないから、その分チャーシューのグレード上げて欲しい。

みそっちの味噌ラーメン

所沢の町外れ、向かいは茶畑というような場所にあるラーメンやだが、昼時は意外と混んでいる。週末は席待ちで行列ができる味噌ラーメン専門店。だったはずが、今や坦々麺も醤油ラーメンもつけ麺もなんでもありになった。しかし、一押しは北海道味噌ラーメンではなく信州味噌ラーメン。チャーシューは選択制なので、無しでも注文できる。この日はちょっと気張ってチャーシュー乗せを選んだ。110円プラスとなる。スープはガツンとくる力強さ。食べ終わると喉が乾く。夏場に食べると汗がたっぷりでるだろう。でも、ラーメンってこういう食べ物だよなという気がする。最近はやりの豚骨系とはちょっと違うので、二回来て北海道味噌と信州味噌を食べ比べるのが良いとおもう。チャーシューはのっていても、いなくても味には変わりない。肉を食いたい人はチャーシュー乗せを注文すれば良いくらいの添え物。

万世麺店のパーコーメン

新宿駅の地下にある、肉の万世のラーメン屋。メニューはラーメンとつけ麺の二種のみという潔さで、パーコー(豚の唐揚げ)を載せるかどうかは選択する。このパーコーがうまい。パーコーとは下味をつけたトンカツのようなものだが、麺との相性が抜群に良い。逆に、この店のラーメン単独ではいただけない。スープは弱い、麺も頼りない。ところがその頼りない麺を水で締めると、ツルツルすするにはよろしくなる。弱いスープの代わりに冷たい濃いめのつけ汁、(酸味強いのでこのみはわかれるかな)で食べると全く別物。新宿の地下街にあるのに、いつも満席の人気店で、最近は外国人観光客も多いから、行列ができるようになってしまった。パーコーメンは本格的中華料理屋で食べるものだと思っていたが、ここではお気楽に注文できる。新宿の穴場的存在。

野郎ラーメンの魚介ラーメン

野郎ラーメンは4−5年前に爆発的に店舗数を増やしたけれど、最近はちょっと停滞気味か。どうもお店によって味のブレが大きいみたいで、先輩格であった光麺と同じ道を歩んでいるな、と残念に思っていた。久しぶりに入ってみたら定番の豚野郎(定番豚骨ラーメン、野菜たっぷり乗せ)よりも高い魚介系ラーメンがメニューに載っているので、それを注文してみた。豚骨と魚介のWスープは、今や準定番と言えるラーメン・スタンダードなので、そこそこ期待してみたのだが・・・。
普通にうまいという人が多いだろう。魚ダシは効いている。ただ、バランスが悪い、ちょっと妙な匂いが残っている。スープの原価の高さが値段の高さになっているのだろうけれど、それを納得させられるだけの強さがない。これはまだ発展途上メニューなのかもしれない。おそらく青梗菜あたりを乗せてスープと色気のバランスを取れば良いのだろうが、そこがかいわれ大根ではちょっとチープすぎる。

まあ、ラーメンという食べ物は店主によってずいぶん変化していくものだから、いつも全く同じであれとは言わないが、進化途上のものを商品にしてはいけないよね。このラーメン、素質は良いと思うのだけれど。湊屋の肉そばあたり研究してみればと言いたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中