旅をする

仙台駅まわりをぶらぶら+おまけ

洋風酒場 最近1番のお気に入り

ハンバーグで酒を飲むのはうれしい。サルサソースがけ。

なかなかありそうでない、ハンバーグで酒を飲もうという居酒屋。肉バルというのともちょっと違う気がする。ハンバーグはゴツゴツ系でみろいろなソースで味が違うが、基本的には鉄板の上のハンバーグでグビグビとワインを飲むというのがこの店のスタイルだ(と勝手に思っている)。ステーキもあるし、他に肉料理も多いが、やはりハンバーグだよね。大人のハンバーグで、酒飲みのためのハンバーグ。So Good!!

ちくわの中にポテサラが入ったテンプラ

変わったところでは、一品100円のつまみ各種、特にこのちくわの天ぷらがなんとも言えない。熊本の弁当屋チェーンで人気のポテサラ入りちくわの天ぷらに仙台でお目にかかるとは。札幌ではちくわの中にツナマヨを入れて生地で巻いたちくわパンという名品もあるが、酒飲んで食べるにはちくわの天ぷらは好みだ。これおwそのまま食べるか、醤油をかけるか、はたまたソースにするか。これは育った文化圏の違いが出る「良いクイズ」ですよ。ちなみに、個人的には醤油で半分、ソースで半分食べたい。

仙台駅西口正面から歩いて5分ほど。歩行者デッキでひたすら北を目指し、でき位のハズレから徒歩1分。

仙台駅西口正面から出てペデストリアンデッキ(歩行者用陸橋ね)を右側に進むとパルコがある。そこを通り過ぎると広瀬通という広い道にあたるが、そこもデッキをつたい歩き広瀬通を渡る。ここでデッキが終了。地上に降りてもう一息歩く。店がすっかりまばらになるところで到着。
ちなみに広瀬通に行く手前、パルコの先で仙台駅から繁華街一番町に通じるアーケード街がある。ここが飲食店などの集中地域なので、仙台名物牛タン屋、すし屋、ラーメン屋などがごちゃっとある。普通の人はこちらのアーケード街に行くだろうから、場所的にはちょっと外れている。でも、そういう外れの場所にこそ名店があるはずだ(多分)

洋風酒場 Great Bonten というのが店の名前だが、GBという看板を見て勝手にGreat Britainだと思い込んでいた。そうか、ビールの店なのかと見過ごしていたが、実は仙台の居酒屋チェーン 梵天グループの一店だった。だから洋風酒場なのにマグロの刺身が売り物だったりする。実に楽しい。

そば よし田  駅近の名店か

ざるそば うまし

仙台駅近はレストランと食品売り場があり、なかなか見逃せない場所だ。駅近の食堂など・・とバカにしてはいけない。仙台で蕎麦といえば、丸松だが。そこの視点も駅近に入っている。しかし、あえて、よし田を選んだのは銀座の蕎麦屋の視点だからで、何を隠そう、銀座よし田のコロッケそばが好物なのだ。で、コロッケそばを注文しようとしたらメニューにない。残念・・・。渋々ざるそばを頼んだ。良いそばだと思います。でも、コロッケそば発売してほしい、絶賛しますから。

ロッケンキッチン おしゃれに一杯

仙台駅構内2階の東西口をつなぐ通路がある。その上に新幹線ホームにつながるあたりに数件、面白い店がある。ちょっと変わったメニューを出す居酒屋やカフェが立ち並ぶ。本格点心の店おまるので、地元づかいもされているだろう。その中にある、牛タンの利休がやっているおしゃれ飲み屋で、新幹線の時間待ちにサクッと飲む。玉コンと塩辛でひんやりと冷たい浦霞純米をグビッと。

三㐂 おまけに 仙台市北側住宅地の中にある繁盛蕎麦屋

天ぷらそばがオススメ

仙台駅前とは全く関係ないのだが、住宅地の真ん中にある行列のできる蕎麦屋。仙台は住宅地の真ん中に忽然と現れる蕎麦屋が多いような気がする。そば好きが多いのだろう。この店も昼時はまず行列、駐車場が足りないので入るには相当幸運が必要。時間をずらすのが賢明だ。普通にうまい、梅雨はドンピシャで、甘辛くバランスが良い。山形もそば文化圏だが、仙台もうまい蕎麦屋多いな。
ちなみに「㐂」の読みは「き」、喜の異体字だ。日本語変換では簡単に出て来ない難字だ。屋号としてはありなのだけれど、検索するときは「三喜」で出てきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中