旅をする

高知を旅する お城編

高知を旅するには、まず城を巡るべし。などと言うつもりはないが、

岡豊城 (おこうじょう)

岡豊城の城壁?

ちょっと読み方が難しいおこう城、典型的な山城で戦国初期の長宗我部一族が使ってい山城で、戦国期が終わり山内一族が土佐進駐した後は、現在の高知城を使っていた。この辺りはお城の中腹に当たる。少し坂道を登ると本丸跡にたどり着く。

高知の方はどのような感覚をお持ちなのかはわからないが、戦国期終了時にあちこちで起きた外様大名の取り潰しと親藩譜代支配の典型的パターン。地侍は下級武士として、進駐軍の支配を受けるという構造(武士階級の二階層化)が、明治維新まで引き継がれる。徳川政権下の東国系武士が、西国で支配地を持つとこんな格好になるのだね。

特に、山城の時代は石垣をめぐらすこともなく泥んこの急な坂がお城の防壁だったらしく、一見すると山のようだけれど、これでもお城の構成部分であるのだ。

お城の下には歴史民俗資料館(まあ、戦国博物館みたいなものですね)があり、小学生がきっとお勉強に来る施設なのだと思う。立派だし綺麗だ。ただし、土佐の高知というと戦国期ではなく幕末内乱期(明治維新というのは内乱に勝った方の言い分だからあまり使いたくない)に興味がある人には、高知市内の色々な施設の方が面白いかもしれない。戦国時代が好きならばこっちが良い。

春のお祭り中だった高知城

山内氏が土佐入りした時に、高知城を作りそこに城下町を築いた。高知城は小高い丘の上に築かれたが、山城とはいえない程度の高さしかない。川に挟まれた平野部であり水運も含め商業地には向いている場所で、おそらく平城で良かったと思うのだが、東国から進駐軍としてやってきた山内氏にとっては土佐土着の地侍の反乱が怖かったのんだろう。旧主織田信長が、岐阜城を築いたように、占領地では山城が良いと思ったのかもしれない。

天守に至る道はくねくねと曲がっていて、その両脇下の城壁からは、当然ながら防衛拠点として攻撃軍を狙撃できるようになっている。野面積みの石垣も、戦国期終盤の凶暴な面構えと言うべきか。徳川幕府が始まった跡に築城された表面が綺麗に成形された石垣とは凶暴さが違う。ここを登って城攻めをしたら、上から熱湯をかけられたり石をぶつけられたり、ひどい目に遭わされたに違いない。

天守から望む城下町を一望できたのだから、さぞかしお殿様は威張って入られたことだろう。しかし、お殿様もお城の下からここまで登るのは相当たいへんだったのではないか。ましてや、ここで勤務していた武士官僚は、毎日の山登りご苦労さんと言うところだ。ちなみに坂本龍馬は下級武士だったので、このお城には登城していなかったらしい。毎日自分の家からお城を見上げていたのだから、ちょっと悔しかっただろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中