旅をする

高知を旅する 街をぶらぶら そしてThe 高知な店に

The 高知な店であります

葉牡丹は高知のおっちゃんたちは多分みんな知っている(と、勝手に思っているだけだが)高知の伝統的な居酒屋だ。若い人には入りづらい気もするかもしれない、これまたおっちゃん色の強い店なのだが、家族づれでご飯を食べに来る人もいるらしい。この入り口を入ったところにいかにも居酒屋のお姉さんという方たちが接客をするカウンターがある。ここに陣取っているのが、超常連のおっちゃんたちで、一見さんには暖簾をくぐった瞬間からなんとなくプレッシャーがかかる。ただしmそのカウンターを通り抜けると奥にはテーブル席がたくさんあり、いきなりアットホームな感じの居酒屋になる。そしておっちゃんたちは昼時から黙々と、あるいは賑やかに酒を飲んでいるのである。ランチセットなる定食メニューもあるが、そんな軟弱なものには目も向けず、串揚げと冷酒的な豪快な飲み方で正午の時報を聞くのだ。

酢豚・きゅうり入り

さて、この店は居酒屋なので「高知の食べ物」として鰹のタタキとか、ウツボの唐揚げとか、いかにも高知的なものが揃っている。しかし、それは横に置いておき、街の中華屋的メニューを頼むのが良いのだ。ということで、酢豚、それもきゅうりが入った西日本系酢豚が登場。これはすばちょっときつめなので、ビールによく合う。好みだ。きゅうりがなんとも言えないアクセント。東日本系では、これがパイナップルになる。これもまた甘酸っぱくて良いが。自分勝手に東日本は横浜中華街の広州系チャイニーズが源流で、西日本は神戸南京町発の上海系チャイニーズではないかとにらんでいるのだが・・・。とにかく、高知で酢豚と言えばこの店だ。(断定してしまう)

砂肝を串焼きではなく鉄板焼きで

砂肝は焼き鳥屋でマスト注文アイテム。この鮮度で店の力がわかる。それを鉄板焼きで頼むとどうなるか?実はこちらの方が美味いようだが。誰がニンニク味で良いのだな。あー、これは高知名物とは言えないが、グッドだ。

そして真打ちはオムライス。バターではなくマーガリン味だと思うが文句なし。チキンライスのチキンは少な目だが、これが正統オムライスだ。ソースはケチャップ。ああ、これが食べたいのだという脳内の叫び。薄焼き卵とケチャップと福神漬けは完璧なハーモニー。これぞ昭和の伝統だ。最近の小洒落たオムライスは少し見習ってほしいものだ。いい加減酔いが回ってからの締めオムライス、高知の昼はふけて行く?

大好きな昭和風オムライス

どこの町にもこうした、ちょっと時代においていかれたような店があるはずで。愛すべき居酒屋とはこういうものだということであります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中