旅をする

高知を旅する 街をぶらぶら 看板編

高知の帯屋町一帯は、商業施設であり歓楽街でもあるのだけれど、昔の町の中心だった映画館はすでにないようだ。高知駅よりには川が流れているが、そこまでがいわゆる飲み屋街になる。その飲み屋街の一角にあるステーキ屋。これは良いなあ。思わずふらふら入りたくなる店構え。とりあえず腹ペコ男子には優しい店のようだ。高知で肉々しい店というのはちょっと珍しい気がする。

こちらはラーメン屋なのだが、らしくない。「たっすいがはいかん」というのは最初に教えてもらった高知弁だった。キリンビールの広告で覚えたのだ。キリンビールは偉い、そして本にもなった。さて、このラーメンやだがメニューが複雑怪奇で、初めて入ると迷うこと必至であるから、注意が必要。個人的には高知らしさ溢れるローカルラーメンではないと思う。しかし、ユニークな麺を出すのには間違いない。

つけ麺を頼んだ

つけ麺も普通のラーメンもあるが、とりあえず店のイチ押しらしいつけ麺を注文した。まるで野菜のポタージュのような濃厚スープ、そして太麺系のもちもちした麺。豪速球だけれど東京あたりではすっかり当たり前になっている代物で。つけ麺を食べ続けてきた関東系の人には旨いけれど、普通に感いるということか。初めてつけ麺食べる人には衝撃的だけどね。麺の量といい、スープの粘り具合といい。

これはとても有名なカツオ釣り日本一をかけて激戦を毎年繰り広げているいる「明神丸」のお店。目の前で焼いた藁焼きかつおタタキが食べられるのが売りだ。美味しい、素直に美味しい。鰹のタタキを食べさせてくれる店は、高知市内に山のようにあるが、ここは定番で定石の一店ということだなあ。

高知市内を歩くとわかるのだが、圧倒的に「龍馬」の街だ。高知県人に一番愛されている人だろう。悲運の死を遂げたこと、そして、高知の町を逃げ出さなければならなかったこと、この辺りがきっと高知人の心の中の何かに訴えてしまうのだろう。もしも戊辰戦争の後まで生きていて、高知の町の中に家でも構えていたらもっと違う評価になったかもしれない。ただ、ものの本に寄れば、龍馬は回天事業の後は蝦夷地開拓を思い描いていたらしいから、高知に戻って植民団の団長になっていたかもしれない。札幌あたりに新高知市とか北土佐市とか作って市長になっていたかもしれない。ということで高知人の愛する「龍馬バーガー」発見。これは次回に試食しましょうか。

高知編 続きます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中