街を歩く, Uncategorized

ザギンでビール 伝統のビヤホール

サッポロ黒ラベル 生ビール

銀座7丁目にあるビア・ホールに初めて入ったのは、もうかれこれ30年前だ。東京の街を歩くのにようやく案内図がいらなくなった頃で外国人の知人を銀座に案内した時だった。天國で天ぷらを食べぶらぶらと銀座を歩きまわり、軽くビールでもと入ったのだが、とても喜んでもらえた。ドイツ系アメリカ人の知人はビールが大好物だった。昼間っからシコたま飲んだビールは、とても気に入ってもらえたらしい。会うたびに、また銀座にビールを飲みに行こうと言われた。

夕方の早い時間に銀座に来る機会があると、よく立ち寄るようになった。小ジョッキを一気に飲みささっと出るのがいつものスタイルなのだが、今回はいつもと違い中ジョッキにした。最近はビールのサーバーも進化したので、きめ細かい泡のビールがどこでも飲める。しかし、この店は熟練の注ぎ手がこの細かい泡を生み出している。一気に飲むと口の周りに泡のヒゲができる。至福の瞬間だ。

オニオンリングというよりかき揚げだな

つまみに頼むのは、オニオンリングが多い。ソーセージやサラミも良いのだが、ケチャップをたっぷりつけて食べるオニオンリングは、やはり大好物だ。オニオンリングの下にしてあるのは、新聞紙の切れ端かともったら、新聞紙に見せかけた「紙」だった。芸がこまかいなあ。フォッシュ・アンド・チップスもビールには合うと思うけれど、どうにもロンドンで本物を食べて以来、あの臭くてたまらないモルトビネガーとちょっと古くなったような魚の匂いがないと、Fish and Chipsとは言えないなと思ってしまう。日本で食べるフィッシュ・アンド・チップスは、言って見れば日本風刺身スタイル的清潔さなので・・・。

店内には、場所柄のせいか、この店の雰囲気のせいか若い客が少ない。30−40年前に若者だった人たちが目立つ。あとは、外国人も多いなあ。店の前には免税店帰りの外国人観光客が歩道を占拠している。店内で注文を取っってくれたのは、外国人対応の(日本語のまあまあ上手な)チャイナ系従業員だった。なんというか、国際化ということは街の中で自分の知らない国の言葉を話す人が1/3くらいになった状態のことだろうとおもう。例えば、ロンドンやニューヨークみたいな街がそうだ。東京の明治に開店した「ビヤホール」は間違いなく、平成時代に国際化したのだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中