旅をする

岩手発 和食のファミレス 

日本全国でローカルに根付いたチェーン店は意外と多いのだが、関東以北で言えば茨城の坂東太郎、岩手の南部屋敷、北海道から全国区入りしたびっくりどんきー、関東進出のとんでんといったあたりだろう。新潟のへぎそば小嶋屋も有名だ。

それで、南部屋敷の話である。岩手県と秋田県、宮城県を中心に店舗展開している。メニューはそばとすしと天ぷらにどんぶり各種、実にわかりやすいメニュで、値段はそこそこにこなれている。

店舗もユニークな形で、この形を覚えておけば看板なしでもすぐにわかる。腹は減ったが肉系ファミレスはどうもなあ・・・と、困った時にはありがたい。和食は基本的に胃袋に優しいし、かつや天ぷらの重量級と蕎麦でつるっとという軽量級があるので、同行者がいても遠慮しなくて良い。

にも関わらず和食ファミレスの全国チェーンができないのは不思議なことだ。すかいらーくが挑戦した「藍屋」はほぼ消滅、それの廉価版変形した「夢庵」も、原型のバーミアンとともに苦戦中。関西基盤の「サト」はすでにしゃぶしゃぶ食べ放題に軸足を移しているから、まともに残っているのは「とんでん」と「坂東太郎」くらいだが、どちらもちょいと高価格帯にある。南部屋敷は、そのちょっとだけ下の価格帯で勝負というか、競合ない環境でのびのびやっている気がする。なぜか東北ではファミリーレストランが少ないので、生き残りやすいのだろう。

そばと寿司のセットはめずらしくないが・・・

看板メニューは、そばと天ぷらなのだと思う。おとなしくざるそばを頼もうと思ったが、どうやら巻き寿司のセットがあるようなのでそれにした。「とんでん」あたりでは、これが握りになっている。(北海道弁では生寿司だが)この辺りの感覚は、多少地方によって違いがあるのかもしれない。主観的であるが、東京周辺であればそばとセットになるのは小丼のような気がする。関西ではいなり寿司か?

茨城ローカリの大チェーン、坂東太郎でもそばと握り寿司のセットが押しメニューだった。麺と米の「炭水化物セット」は、やはり鉄板の人気メニューに違いない。それではとメニューを見ると、岩手というか東北的な独自メニューは見当たらない。例えば名古屋の味噌煮込み位丼や、埼玉県西部・北部の武蔵野うどんのような、平均的なイメージから大きく外れたローカルメニューが見つからないのだ。この辺りが、関東から来た旅人には不満が残るところだが、ローカルなきゃくせおうにとってはもんだいないのだろう。デニーズやガストと違った店内は広くて明るい。座敷もある。親・子・孫三世代でのんびりご飯を食べるには良さそうだ。次回は、定番のカツ丼か天ぷらをためしてみることにしよう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中