食べ物レポート

ラー油そばという食べ物

俺のだし 肉そば

ラー油そばとは一体何であるかというと

ラー油そばというものが好物だ。虎ノ門にある湊屋が発祥の地のようだが、そのごみなとやインスパイア系などと言われ、あちこちで見かけるようになった。食べたことのない人に説明するのもなかなか難しいのだが、無理を承知で説明すると、日本そばの一種ではあるが、蕎麦とは言い難い。

  • 妙に歯ごたえがある麺 おそらくそば粉+デンプン
  • 甘辛が強いつけつゆ。甘さは普通のそばのつゆのばいくらい。それにラー油がたっぷり入っている
  • これでもかというくらい細切り海苔がかかっている。ゴマも大量投下。それに根がネギがたっぷり入っているが、ノリで隠れて見えない。
  • 肉そばの場合は、冷たいつゆ。
  • 冷たい牛肉薄切り(ゆでてある)が多めに乗っている
  • お好みによるが、生卵、天かすなどを入れて味変も楽しむ。

というものなのだが、食べる時には蕎麦をすするようなわけにはいかない。モグモグと噛みしめる。盛岡冷麺の麺も歯ごたえがあるが、それに近いものがある。蕎麦好きからするとゲテモノ扱いされても仕方がない。

俺のだしは、蕎麦屋なので普通の日本そばもある。ただ、その普通のそばを注文したことがないので、肉そば(ラー油そば)と、同じ麺を使っているかは未確認だが、普通のそばでは麺の個性が強すぎるだろう。写真の通り、ラー油そばのセオリーは守っているが、如何せんつゆが足りない。つゆのお代わりをしたく苗雨。つゆ自体は甘目の日本そばのつゆなので、可もなく不可もなし。銀座の真ん中にある立ち食いそばなので、お値段はちょとお高めだが、銀座で蕎麦屋探すのは結構難しいので、まあ仕方がない。ちなみに、銀座でそばを食べるなら吉田のコロッケそばがオススメだが、引っ越してからまだ行ったことがない、多分味は変わっていないだろう。

みなとやインスパイア系では、ここが一番?

本店は多分、池袋西口のはずれにある。最近はあちこちで支店を見かけて、その度にイソイソと食べる羽目になる「なぜそばにラー油を入れるのか」が店名の、そばチェーン。この看板は新宿歌舞伎町はずれにある、結構目立つ店だが、中には日本人の従業員がいないという、これまた新宿というか大久保らしいお店なのだ。夜は外で(多分、テラス席なのだろう)一杯やりながらという雰囲気なのだが、どうにも台北やバンコックの屋台街を思わせる一角であり、職安通りでテラスはないよなーとツッコミを入れたくなる。さて、かんばんんしたののれんの通りメニューは豊富。蕎麦屋というよりそば居酒屋に見える。店内に入るとますます無国籍的な風情が濃い。

しかし、ラー油そばは好み味なので、あまり文句を言う気にならない。湊屋をベースとすると、つゆの甘みは強い。ラー油の香辛料は強めであり、そばも麺カタ気味であるが、それも好みの範疇のバラツキというものだろう。やはり肉そばのつゆは少なめなので、できれば有料で良いから足しつゆをしたい。それができれば、生卵とか追加ラー油とか、味変要素がもっと楽しめる。ただし、やはり麺をモグモグ噛みしめるタイプなので、実は強烈に満腹感が押し寄せる。個人的な体感値でいうと、つるっとやる蕎麦と比べると倍くらいの速度で満腹感が押し寄せる。要注意なのはそこのところだが、大盛り以上を注文しなければ問題はない。

らぜそばにラー油を入れるのか 肉そば

この店の姉妹店が、「カレーは飲み物」なので、そのうちにもっと怪しい名前の店が増えるかと思っていたが、意外と堅実に蕎麦屋の拡大が中心のようだ。「ナポリタンはデザート」とか、「なぜ味噌ラーメンに蜂蜜を入れるのか」なんて店名を期待してたんだけどねえ。

ラー油そばの店は広島で見かけたことがある。横浜にもあった?仙台や名古屋では記憶にない。札幌のスープカレーくらいには広がって欲しいものなのだけれど。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中