食べ物レポート

災難な1日

酷いものを食べてしまった

年末の押し迫った時期、定期的な検診と歯医者に行く予定があり、久しぶりに大都会に出てきた。朝食抜きであったので、早めのランチに選んだのがガスト。実は本屋でなぜかガストのクーポンをもらい、その中に味噌ラーメンがあったので興味を引かれていたからだ。ファミレスでついにラーメンかという、なんともいえない違和感を感じてしまう。まあ、物は試しとガストでラーメンランチとなったが。結果は最悪、やはり餅は餅屋ということか。ファミレスでラーメンは無理なのだ。

ガストの味噌ラーメン 690円なり


以下ダメな点を列記すると、
トッピングが少なく平面的、立体感、ボリューム感がまるでない。
トッピング、特にチャーシューの出来が悪い。安いロースハムのような加水しまくりのぺらぺらな味。
麺が固まっている。冷凍麺を使っているので、麺の腰はある。ただし、茹で上がった後に丼に入れてしばし放置、そのままスープを放り込んだので麺がすっかり固まっている。
カップラーメンのラ王を丼を使って作るとこんな感じになるかもしれない。ただし、ラ王のほうがもっとうまい。

すかいらーくという会社は、もともとコンセプトを勘違いすることの多い体質だと思う。まじめに取り組んでいるのかもしれない日々の商品改良が、突然改悪になるという例を何度見てきたことか。成功例がないわけではない。
チーズインハンバーグは、パクリだとはいえ量産モデルとしては仕上がりレベルの高い商品だと思う。コーンピザは500円のピザと考えれば立派なものだ。日替わりランチの490円はすかいらーくだから出来る(サイゼリアより10円安くした)企業努力の賜物だ。

後楽園の辛いラーメン さていくらでしょう。

だから、ラーメンを出すのであれば、行列ができる名店とは言わない。
幸楽苑か日高屋のレベルはクリアして欲しい。日高屋の野菜たっぷりタンメンや幸楽苑の野菜味噌ラーメンが想定目標になるはずだ。
こんなレベルであれば売るのをやめたほうが良い、と久々に 思わせてくれる駄作だ。おまけに価格が690円、ぼったくりと言うしかない。噴飯ものではなく噴麺物に出会った。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中