食べ物レポート, 旅をする

仙台でトンコツ醤油ラーメンとは

戦国時代の武将は兵糧として味噌を量産した。信州味噌も八丁味噌も、兵士の常備食。米の飯と味噌があれば長距離遠征可能な戦国兵士の精強さの源だった。仙台味噌もその流れで、宮城は味噌文化圏だと思い込んでいた。だから仙台っ子というラーメン屋でメニューも見ずに味噌ラーメンと注文したら、味噌はないと言われてビックリ。

仙台駅前にあるビルの一階

確かに味噌ラーメンのひとことも看板にはないので、文句をつけてはいけない。しばしラーメンを食べながら考えたのだが、東北地方には秋田発祥の末廣というラーメンチェーンがある。もともとは京都のとんこつラーメン屋で修行した人が秋田に戻って開業したようなのだ。仙台でも行列のできる人気店であり、そこの暖簾分けではないか。

ということで写真をひっくり返して見つけたのがこれ。なんだか似てますねえ。

確かに、ラーメン店は暖簾分けで進化していくので、こういうことも起こるのだなと思い至る。横浜家系でも、エースは本店を守るために高給で店長にして、それ以外の修行完了した人たちは暖簾分け(◯◯家という屋号で)して、また新チェーンを作っていくという話を聞いたことがある。東北の豚骨ラーメンもそういう世界のようだ。

次回は、仙台味噌のラーメンを探し出してみようと思うのだが、この豚骨ラーメンのすぐそばに千葉発祥の味噌ラーメン専門店がある。ひょっとして、仙台味噌らーめんは存在しないのか?いささか不安ではあるが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中